重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

Gmailの連絡先、更新しても登録されない?の対策法

Gmailの連絡先が新しくなりました。

以前は、Gmailから「連絡先」というところを選ぶと、Gmail内のページで連絡先が開き、更新ができるようになっていました。

しかし今度の新しい連絡先では、Google+と連動して、新しく「Googleコンタクトリスト」として登録されるようになりました。

同じ人が重複して登録されていたらそれを統合したり、Google+から情報を連携して引っ張ってきたりできるように便利になった反面、もっと基本的なところで使いづらくなった部分があるので、紹介します。


まず、Gmailから「連絡先」を選ぶと、
↓のように、別ウィンドウでコンタクトリストが表示されるようになりました。

Gmailの連絡先、更新しても登録されない?の対策法

その結果、連絡先に新しい情報を登録・更新しても、左側のGmailのほうには、宛先など名前の一部を入れても、候補リスト(名前の候補=オートコンプリート)に出てこなくなりました。

これで、かなり戸惑うユーザーが多いのではないかと思います。

そんなときの対策としては、「Gmailのウィンドウをすべて閉じる」ことです。
上記の例でいくと「受信トレイ」と書かれているウィンドウの「×」印を押して、閉じてしまうんですね。

そして、再度「Gmail」を新しいウィンドウで開きます。
そうすると、今度は宛先に名前の一部を入れると、きちんと連絡先に登録した名前とメールアドレスが表示されるようになっているはずです。

今回のGoogleのコンタクトリストの改善、・・・改善になっているような、返って使いにくくなっているような気がしないでもありませんね。

スポンサーサイト



効果の出るランディングページの作り方

おお、なかなかわかりやすいランディングページ解説がありました!

本当に売上に直結する3C分析! 成果の出る縦長ランディングページが誰でも作れる【チェックシート付】 | 一人でできるWebサイト収益UP術-ウェブ解析士事例集 | Web担当者Forum

3C分析から入るのなんて、結構私好みの手法かも。(笑)
(しかも、顧客から入るのなんて、私がよくセミナーで話している手法と一緒・・・^^;)

そのあとの、キーワードの探し方や、ランディングページの構成の仕方なんかは、わりと基本なんですけど大事なポイントが抑えてあっていいのではないかと思います。

あとは、これを本当に効果の出るデザインや、EFO等へとつなげていくわけですが、そこはまた別の機会に紹介でしょうかね。(あんまりやりすぎるとテクニック論になるので、このくらいがクライアント側が理解するのにちょうど良い分量なのかもですね。)

ランディングページってどうやって考えていくの?ということが知りたい方は、ぜひ↑記事を読んでみてくださいね。


共感を得る広告作り

ちょっと一息な投稿を。

岩手の広告代理店が、広告賞を得た、という話です。

岩手発の泣ける動画、衰えぬ人気 広告賞を得て続編も 作り手に聞く - withnews(ウィズニュース)

こういった共感を得る広告作りが、今後の企業の知名度やブランディング、契約数に今まで以上に影響を与えるのではないかと、本気で思っています。

一般に「コンテンツマーケティング」と呼ばれることがありますが、要は、企業に興味を持ってもらったり、ファンになってもらうための、コンテンツを介したマーケティング全般のことだ、と考えればいいですね。

自社のコアとなってくれる顧客層に、あるいは興味のない人にも良いイメージ・興味を持ってもらうためにはどうしたらよいか、企業自身も広告事業者も考えていく必要がありますね。

セキュリティ面で会計検査院から東電怒られる

日本のインフラのセキュリティは大丈夫か・・・。そんなニュースが出ていました。

【日本の議論】東電無謀「サポート切れOS更新しない」節約、無駄遣い監視の会計検査院が異例の「お金使え」 (1/3ページ) - 産経ニュース

簡単にいうと、お金の無駄遣いがないか監視する側の会計検査院から、東京電力が経費節約のために平成29年度までWindows XPを使い続けようとしたのを、やめるべきだと指摘されたという話です。

・OSによらないセキュリティー対策で・・・
・外部のネットワークから切り離されていて・・・

とか、本気でそれだけでセキュリティが確保できると考えていたのでしょうか…。

今や、老朽化による予想外のトラブルとか、いつ誰がシステムに外部からPCなどを持ち込んでネットワーク接続するかとかわからない、ありとあらゆる攻撃手法が存在するなかで、それはないんじゃない?という感じです。

実際、内閣官房情報セキュリティセンターからの数度の警告で、東電もOSを入れ替え終わったそうです。

「想定外」の事象をたくさん経験したはずの東電が、こんなことで大丈夫なのかなぁ、と不安に感じてしまうニュースでした。

セブンが仕掛けるオムニチャネルは成功するか

セブンイレブンが、今年10月からオムニチャネル事業を本格的に稼働させるそうです。

セブンが仕掛ける壮大な「コンビニ改革」 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

オムニチャネルとは、リアルやネットなどの様々な物流形態を統合させて、流通の最適化、売上を向上させていくという考え方です。具体的には、実店舗だけでなくPCやスマホからでも、お客様が好きなタイミングで、どこからでも購入できるようにする手法です。

要するに、コンビニがAmazon化していくような感じでしょうか。(受取がコンビニなだけで)

・・・で、実は以前、当ブログで取り上げさせて頂いたことがありまして、逆の視点、つまりAmazonがコンビニに近づいていくかもしれないという話題を書かせていただきました。

Amazonはコンビニに近づいていくかもしれない話 | ITコンサルタント日記

結局は同じ話で、Amazonがコンビニ受取を推進するか、コンビニがネット販売に力を入れる(=受取はコンビニで同じだけど)、ということで、いずれそれぞれの会社ごとに差別化のポイントを明確にしないと、共倒れになってしまう可能性がありますね。

そして、その負担を一身にあびるのが、店舗のオーナー、店長、アルバイトさんなわけです。

セブンイレブンは高いサービス力と仕組み化で高収益を上げているというプラス面のほかに、フランチャイズ店への締め付けの厳しさというマイナス面も知られるようになってきました。

今は、高いサービス力を誇るセブンが、現場のオペレーションを無視して突き進みすぎると、いつ転落するとも限りません。店舗が安心して業務を回せるように、しっかりと体制を整えながら(そのための収益分配も考えながら)、進めていってもらいたいものです。

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ