重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

Amazonのジェフ・ベゾスCEOがオススメする3冊

久しぶりにビジネス書の話でも。

Amazonのジェフ・ベゾスCEOが営幹部に必ず読ませるビジネス書3冊というのが紹介されていました。

Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが、経営幹部に必ず読ませるビジネス書3冊 | PRFREAK

P・F. ドラッカー


クレイトン・クリステンセン¥ 2,100


エリヤフ・ゴールドラット¥ 1,680



「経営者の条件」は私も読んだことがあります。

「経営者の条件」は拡大解釈するとビジネスマンとしての資質。
「イノベーションへの解」では企業がどう変革すべきか。
「ザ・ゴール」では全体としての企業の方向性。
を問うている、3つの続き物のような気がしました。

なお、記事中で紹介されている、三枝匡氏の「V字回復の経営―2年で会社を変えられますか」は私も読みました。
三枝 匡¥ 500

こちらもオススメです。

スポンサーサイト



theme : 企業経営
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

ビッグデータ幻想にとらわれる前に読んでほしい本

話題になっているので、「統計学が最強の学問である」という本を読んでみました。

西内 啓¥ 1,680


まず、この本は、「初心者向け」かつ「統計というモノの見方に興味がある人」かつ「ロジックはロジックとして受け入れる許容を持つ人」向けです。

とはいえ、「この本を本当に読んでほしい人には、手に取って読んでもらえないだろうなぁ」と感じつつ…。(笑)

以下は、私なりのレビューになります。


私と統計学との直接の接点は、サラリーマン時代、私がCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)の部署にいたとき、コールセンターやWebから集まったデータから、有意な施策に転換できないかを研究する部署にいたときです。
つまり、CRM経由でDBM(データベースマーケティング)に片足突っ込まされた感じです。(笑)

その当時は、DWH(データウェアハウス)やデータマイニングという言葉が主流で、他にもBI(ビジネスインテリジェンス)も流行ってましたね。
そして、今の流行は「ビッグデータ」でしょうか…。

私はどちらかというと、データを集める&Webマーケティング活動に活かす担当で、データを解析する担当は、私の同僚(たしか大学で統計学をかじっていたはず)がメイン担当でした。
私は統計学の専門家ではないので、自分でやったのは、単純な回帰分析や、SPSSを使ったコンジョイント分析くらいですね。

ただ、当時から、なかなか統計学の言葉が難しく、私を含めた他の同僚、もちろん上司にも、なかなか理解が進まず、解析担当の同僚は日々どう解析結果を伝えるかで頭を悩ませていたなぁと、懐かしく思い出していました。
統計学を知らない人からすると、まるで魔法か、違う言語をしゃべる人のように、統計結果や誤差範囲を説明されるわけですから。

と同時に、「ロジック的には答えが出ているのに、なかなか周りに理解されない。あるいは、賛同を得られない」理由も、本著を読んでみてわかりました。

そのまず1つ目が、統計学に対する日本人の理解の低さです。
これは私の妻がこの本を読んだ感想ですが、
「まるで、相棒の杉下右京さんや、ガリレオの湯川教授から、ずっと説教されているみたい」
とのこと。(笑)
つまり、なんかいろいろ言ってて正しそうだし、正論なんだろうけどよく理解できない、または感情的に何となく反発したくなる、ということのようです。(まぁ、妻は好意的に読んではいたようですが)

それは、Amazonのレビューにも表れています。
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 統計学が最強の学問である
とても良いという人がいる反面、まったく人を馬鹿にしている、何が伝えたいのか分からなかった、という感想の多いこと、多いこと。

このカスタマーレビューを読みながら、先の参議院選のとき、「出口調査で、投票が終わった瞬間に当確発表だなんで、デキレースだ!」というツイートをみて、「そういえば、日本人って統計学的な勉強って、義務教育中に習ってなかったなぁ…」なんてことを思ったのを、思い出していました。
学校で習うのって、せいぜい確率(並び替え・順列)くらいですもんね。(それでも挫折した経験を持つ人は多いと思います ^^;)

2つ目は、統計学の専門家側の態度の問題。
この著者は比較的若い研究者だと思いますが、なるべく初学者にもわかりやすく(といっても挫折する人多そうですが…)伝えようと苦心されているなぁ、頑張ってるなぁと思いましたが、レビューを見ると、専門家や仕事で統計に携わっている人からの批判的な声の多いこと、多いこと。
ただでさえ、理解されにくい分野だという自己認識と、様々な分野での有効性が出しやすい分野だという自負があるのなら、一般にわかりやすく広めようという努力を頭から馬鹿にするのはどうか、という思いがしました。
(もちろん、私もこの本を読んでて「んん!?そんなこと言い切っちゃって大丈夫?」と思う言い回しは感じましたが… ^^;;)
統計家なら統計家らしく、統計学について一般の人にも理解が進むような、実行可能で最速で最善な対応策をロジックで示してほしいな、と感じました。

そして3つ目、これが最大の難関ですが、「それでも自分の道を行く」という人には効かなそうであること。
具体的にいえば、

会社役員「データではそうかもしんねぇけど、俺は俺のカンと良いと思ったことを信じるぜ」
タバコ喫煙者「確かにそうかもしんねぇけど、俺はタバコが好きなんだよ。今さら辞められるか」
PTA「子供に悪いと思うものは、ゲームでもマンガでも禁止!相関関係が見いだせないなんて、そんなデータ信じられないわ!」

となったら、たぶん、その人達は止められないだろうな、ということです。
それが「客観的に正しいか、正しくないか」ではなく、その人の持つ「信念・正義・価値観」に関わるとなれば、なかなか変えられるものではないので…。

おそらくそれに対処する直接的な対応策は、統計学ではなく、ほかの学問なんだと思うのですが(笑)、簡単に解決できるものでもないだろうな、と。


以上、3つのことを感じました。

が、先にも書きましたが、最後まで我慢して読める人には、今までと違った目線を得ることができて、今後のビジネスで役に立つ本だと思います。


さて、私の専門分野でもあるITに限っていうと、「ビッグデータ狂想曲」という項で、

・「データをビッグなまま解析することが、どれだけの価値を生むのかどうか、果たして投資するコストに見合うだけのベネフィットが得られるのかどうか、わかっていてやっているのか?」
・質問「何がわかるかもわからないのに、なんでそんなに投資したんですか?」
 回答「何かはわかりそうな気がした。一応の現状把握にはつながった。」(もやっとした回答)
・データに基づいて、正しい経営判断を行う上で、そんな多額の投資は必要ない。


という項目が、私の実務経験から感じていた「ビッグデータ」というバズワードに対する見解とほぼ一緒で、よくぞ言ってくれた、という感じです。

(もちろん、Hadoopなどの要素技術による大規模データの解析が身近になったことと、解析できる範囲が広がったことは否定するものではありませんよ。私が言いたいのは、「で、それで何に活用したいの?それって費用対効果や方法論として意味あるの?」の部分をきちんと事前に用意できてますか、という点においてです。)

おっと、あんまり書くとベンダーの皆さんに嫌われるので書きませんが(^^;)、もし、ビッグデータに興味があって多大な幻想を持っておられる経営者・IT担当者の皆さんがいたとしたら、ぜひ事前に読んでおいてほしい本です。

theme : マーケティング
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング マーケティング

クライアントさんの本の紹介

今日もITコンサルティングでした。
今週~来週はITコンサルティングが立て続けに続きます。

さて、今日は本の紹介です。

以前、私のところでHP制作を担当させて頂き、以来ITに関するコンサルを何度か依頼されている株式会社オアシスの澤智子社長が監修された本が発売になります。

1日1分から! 片づけ&そうじのきほん (Amazonへリンク)
1日1分から! 片づけ&そうじのきほん

Amazonでは発売日が11/27(明日発売!)となっています。
実際には12月に入ってから、どの書店の店頭でも見かけるようになるのではないでしょうか。

澤さんは今から24年も前に起業され、業務拡大しつつ、現在では約40名のスタッフを抱えているという優れた経営者でもあります。
(詳しくは上のAmazonリンクから「著者について」をご覧下さい)
でも、実際にお会いしてみると、実に優しいほんわかした雰囲気をお持ちの方で、初対面の時にイメージのギャップに驚いたことを覚えています。

また同時に、そのホスピタリティに溢れる経営者であるからこそ、良い顧客と長い関係を結ぶことができ、ビジネスも成功されたのだな、と感じました。

この本は、そんな澤さんが家事代行サービスで長年培ったノウハウがいっぱい詰まっているそうなので、年末大掃除に向けて購入されてみてはいかがでしょうか。

追伸
クライアントさんが本を出版されたり、ビジネスに成功したりすると、私もとても嬉しいです。ITコンサルタントをやっててよかったな、と思う瞬間です。

theme : 片付け・収納・お掃除
genre : ライフ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

お知り合いの中小企業診断士の先生の新刊!

今日は渋谷でHP制作に関する打ち合わせを行っていました。最近、渋谷率が高いです。(今週、もう1回渋谷です。)
今日は新しい方との出会いでしたが、今後いろいろな協力関係が築けそうです。

さて、渋谷に出た際に、紀伊国屋書店に寄ってきました。

というのも、お知り合いの中小企業診断士で、税理士でもある駒井伸俊先生が新刊を出されたとのことで、その本を見てきました。

年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

…お、ありましたありました。平積みになってます。

フィッシュボーンノート術

フィッシュボーンとは、特性要因図とも呼ばれ、わりと日本の大手企業でも使われている直感的にもわかりやすい手法だと思います。

マインドマップがこんなに流行る前から、物事の関連が描ける(しかも絵心がなくても結構イケる)ので、知っている人も多いかもしれませんね。

それを、駒井先生が基本から応用まで様々な事例を交えて紹介し、『使えるノート術』としてまとめられています。
興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいねっ!

やっと見つけた!資格試験、大学受験に使える
私は、今中小企業診断士の勉強をしています。この本を書かれた著者の方もこのノート術で中小企業診断士になったそうです。実際使ってみると、テキストの内容を理解する力が格段に上がりました。私の子供も来年大学...


追記(6/11):
Amazonのベストセラーで6位だそうです!
村上春樹さんとランキングで競ってるとか、すごすぎる…。

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

tag : フィッシュボーン ITコンサルタント ITコンサルティング

キリン「フリー」のブルーオーシャンっぷり

キリンが出している、アルコール0.00%のビールテイスト飲料「フリー」が爆発的に売れている、というのをご存じでしょうか?

アルコール度数0のキリン「フリー」、業務用好調で瓶不足

アルコールの入っていないビールなんて・・・と思われるお酒好きの方も大勢いるでしょうし、実際キリン内部でも懐疑的な人はここまでの大ヒットになるとは思っていなかったでしょうし、でもそれこそが新しい道を切り開いたときの爆発力に繋がります。

・・・で、飲んでみたいなぁと思い、妻に買ってきてと依頼していたら、1軒目は売り切れで、2軒目で見つけたそうです。(売れてるんですねぇ)

キリン フリー

飲んだ感想は…、んぐ、んぐ、……ビールと言えなくもない(笑)。
こういう味の海外のビールだと言われれば、信じるかもしれません。

仕事中、キャンプに行った時の運転手、お酒がまったく飲めない人の最初の乾杯の1杯、…いろいろシチュエーションが考えられそうですね。

これこそ、ブルーオーシャン戦略と呼ぶのでしょうね。

有賀 裕子
隣の芝生は青いならぬ隣の海は青い。
競争相手がいない自由な景色 ブルーオーシャン、となりの海は青いとでも言えますでしょうか?wレッドオーシャンにてしりつぼみな衰退を 競争過渡で力尽きる前に読んでほしいといったところでしょうか。本書の素...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成


この本は有名なので、知っている方も多いですよね?(特に商品企画者は必読です。)
この本の中身では、シルク・ドゥ・ソレイユやQBハウスなどの例があります。

キリンフリーと、従来のビールとで戦略キャンバスを描いてみると、リアルな現在進行形のケーススタディとして勉強になるかもしれません。

ビールにはアルコールが入っているという常識を取り除くことで、新しい価値曲線を生み出しているのですよね。

キリン フリーの公式サイトによれば、世界初とのことですので、他社が追いつくまでは独走が続くのではないでしょうか?

中小企業の経営者の皆さんも、自社にブルーオーシャンに繋がりそうなネタが転がってないか、今一度確認してみてはいかがでしょうか。

theme : ドリンク
genre : グルメ

tag : キリン フリー ブルーオーシャン戦略 ITコンサルタント ITコンサルティング

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ