重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

Windows XP販売終了、でももう一度整理!

今日は神奈川県で短大の講師を行います。
その後、ここしばらく忙しくしていて構ってあげられなかった妻に、ホテルでゆっくり一泊して、おいしいものでも食べてもらおうと企画しています。(笑)

さて、今日6/30はWindows XPの販売終了日です。
おそらくニュースでも取り上げられると思います。

とはいえ、Windows Vistaを購入せずに、まだまだ現役で頑張っているWindows XPを今後も使い続けたいという企業の方も多いでしょう。よって、ここで情報を一旦整理しますね。

たしかに、6/30をもってパッケージ版(店頭で普通に売られているもの)と、OEM版(メーカー製PCにあらかじめインストールされているもの)は販売終了になります。
ですが、DSP版はまだ購入可能です。DSP版という言葉、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、これはパソコンパーツショップなどで、よくFDD(フロッピーディスクドライブ)などと抱き合わせで売られている形態のものです。

参考までに、「ドスパラのXP販売ページ」を紹介しますね。

また、低価格PC向けに、Windows XPはしばらく現役でプリインストールしてよいことも決まっています。
ですので、今焦ってWindows XPを買う必要はないでしょう。

より詳しい情報は、「BPnet」に整理されています。こちらもご参照ください。

スポンサーサイト



theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

tag : Windows XP

ありがとう、ビルゲイツ

ビル・ゲイツ氏が27日、引退されました。

思えば、私が最初に触れたプログラム言語はBASICで、これもビル・ゲイツ氏の作成なんですよね。

それに、DOSという存在に触れたのも、Microsoft製でした。その頃はCP/MからちょうどMS-DOSに急激にシフトしている最中で、今のGUIではなくCUI、いわゆる文字ベースでのOS管理&コマンド群でした。

つまり、私がパソコンに初めて触った時から既に、ビル・ゲイツ氏は第一線で活躍し、今まで頑張ってきたんですよね。日進月歩のこの業界において、ずいぶんと長い期間皇帝でいられたんだなぁと、改めて偉大さに気づかされます。

今後は、慈善団体の活動に注力するそうですが、たまにはITの世界に戻ってきて、「最近のMicrosoftはのぅ…」なんて言ってほしいですね。(笑)

tag : ITコンサルティング

久々の自宅でゆっくり仕事

久々の自宅仕事です。
不思議なもので、外の仕事が連続して続くときと、部屋にこもっての仕事が続くときがあり、何らかのサイクルがあるかのようです。マーフィの法則的なものでしょうか…。(苦笑)

しばらく外での仕事が続くと、家でやるべきToDoリストがたまりまくってしまいます。今それを、紅茶でも飲みながら、1つ1つこなしているところです。
(このブログも、やることリストの1つでした ^^;)

tag : ITコンサルタント

HPの訪問者が「何を期待しているのか」という視点

今日は、商店街支援でした。
公式HPにより多くのお客様を呼ぶためには、どうしたらよいか、といったご相談に乗っておりました。

これは、いつも私がITコンサルティングに行くとお話しするのですが、「このHPに訪れるお客様は、どういった内容を期待して訪れているかを考えていきましょう」ということです。

どうしても、運営者側的な目線でコンテンツを書いてしまうので、お客様にその記事を紹介した意図や、良さがうまく伝わっていないことが往々にして起こってしまうようです。
一度、お客様になりきって自分たちのHPを見直してみるのも良い手だと思います。

tag : ITコンサルティング 商店街 支援

オフィスソフトを見直そう!

今日はセミナー最終日です。

この日は学習したHTMLやCSSの知識を使って、自分で工夫して作ってもらったHPやブログなどを発表してもらう日です。毎回、ユニークでオリジナリティ溢れる発表が聞けるので、毎回楽しみにしている講義の1つです。

さて、生徒さんから質問を受けた内容として、複数台PCをお持ちの方から「Microsoft Ofiiceが高すぎます。どうにかできませんか?」と相談を受けました。また別の人からは「Office 2007はメニューが使いづらいですが…」という話しを持ちかけられました。

そこでご紹介したのが、「KingSoft Ofiice 2007」です。
2007と銘打っているのですが、実際には、Microsoft Ofiice 2003とそっくりです。メニューの位置も全く同じですし、ファイルの互換性もあります。唯一、マクロが使えないのが弱点でしょうか。
それでいて、値段は10分の1で済みますので、会社などでOfiiceを大量に購入しなければいけない時などに、経費削減案の1つとして検討してみるのもよいかと思います。

tag : ITコンサルティング Microsoft Ofiice KingSoft

武幸四郎に似ているそうです(笑)

今日はセミナー2日目です。

生徒のお一人から、
「先生は芸能人だと誰に似ていると言われますか?」
と聞かれました。
私が「武幸四郎」に似ていると生徒さんの間で話題になっていたそうです。(笑)

知らない人だったので、さっそくGoogleの画像検索で「武幸四郎」を検索…。(便利な世の中ですね。)

あ、ちょっと似てる…かな?(^^;) そうえいば、昔、武豊(お兄さん)に似ていると言われたことがありました。あと、髪が少し長い時には、中村俊介とか。

でも、一番似ていると言われるのは、ジャパネットたかたの「CGの主人公」です。(笑)


tag : 武幸四郎 ITコンサルティング

セミナーの3日間です

今日から3日間、外部でのセミナーです。
Web作成について講義します。

Dreamweaverというプロ用のHP作成ソフトを使うのですが、これは初心者には向かないソフトだなぁ、と思います。
プロにとっては、確かに細かい設定ができて私も普段愛用しているのですが、逆に初心者にとっては、設定項目が多すぎて、どこをどういじればよいのかがすぐに理解できないのが難点です。

初心者向けとしてオススメなのが、ホームページビルダーでしょうか。安定した根強い人気がありますね。

ちなみに、FrontPageは発売中止になって以降、後継ソフトも出ていますが、まったくシェアが伸びていません。

まずは、このホームページビルダーあたりのソフトから慣れてみて、問題なく使えるようになってきてから、Dreamweaverに乗り換えてみると、その素晴らしさが再認識できるようになると思います。

tag : Dreamweaver ホームページビルダー ITコンサルティング セミナー

数学で○○を解決する、は面白いですよという話

今日は短大で講師をやります。今週はずっと外の仕事が続きます。

さて、短大ではデータベースを教えていますが、これがなかなかに難しいのです。
なにせ、数ヶ月前まではパソコンもあまり触ったことがないような学生達に対して、いきなりデータベースの基礎から教えるのですから…。(苦笑)

それでも、ここ2~3ヶ月で、WHEREはもちろん、ORDER BYやGROUP BYまで教えてきて、ほとんどの学生が自分でSELECT文を(テキストを見ながらでも)きちんと作れている姿を見ると、心の中で「やったぜ!」と小躍りしたくなります。
また、学生の吸収力の高さにも感動します。

そもそもデータベースはITシステムの中でも「裏方さん」というか「縁の下の力持ち」的なお仕事ですから、学生に「データベースの何が面白いのか? データベースを勉強して何に役に立つのか?」を理解してもらうまでがまず一苦労です。

データベースが面白い、というとちょっと無理があるかもしれませんね。「データベースの仕組み」や「活用の事例」が、未知の知的好奇心をくすぐってくれるといいましょうか・・・。)

例えば、データマイニングもその1つです。
有名な「おむつとビール」の話もしましたし、過去私が業務で携わった中から、簡単なものをいくつか紹介もしました。おそらく、こういった雑談が、興味を持ってくれる1つのきっかけになるのでしょうね。

そういえば、つい先日、有名ブログの「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」でも、データマイニング等を題材にしている本が紹介されていました。
子どもが「数学なんて役に立たない」なんて言いだしたら渡す「数学で犯罪を解決する」

私も、読んでみようと思っています。
囚人のジレンマなど、ゲーム理論も面白いですよね!
いやはや、数学は面白いですよ~!(←賛同者少なそう ^^;)

tag : ITコンサルティング 学生 データマイニング データベース

コンビニでUSBメモリ

あるコンビニエンスストアに行ったら、メモリカードコーナーが出来ていました。

コンビニでUSBメモリー

携帯電話の充電器の隣に、USBメモリーやSDカード、メモリースティックが並んでいます。
以前でしたら、フロッピーディスクなどが置かれていたかと思いますが、もうフロッピーを使う人はいなくなりましたね。持ち運びする外部記憶装置としてはUSBメモリーが一般的かと思いますが、ついにコンビニで売られるようになりました。

「出張先でちょっと必要になった」とか、
「旅行で写真を撮りまくって、替えのSDカードをすぐ買いたい」
なんて使い道が考えられそうですね。

tag : ITコンサルティング コンビニエンスストア メモリーカード

経営とITの関係を明文化

企業トップ9人と経産相が会議して、

IT経営憲章

というのを採択しています。
経営者がITとどう向き合えばよいのかを、コンパクトにまとめています。経営戦略策定、IT戦略策定のベースとなる考え方が理解できて、良いのではないでしょうか?

経営者は、ついつい忙しさにかまけてIT戦略を部下や外部のベンダーに投げっぱなしにしてしまうことがあるかもしれません。でも、結局「自社にとってIT化することで何がメリットになるのか?」を定義するのは、企業であり、経営者自身だということを、もう一度思い返してみるとよいかもしれません。

tag : IT経営憲章

OSを好みで選ぶ時代がやってくるかもしれない

NARTSで受けているITコンサルティングの中で、新しいPCを購入するときのコツを教えてほしいというものがあります。

「事務仕事で使うぶんには、Windows XPと5~7万円程度のデスクトップPCでも十分ですよ。20万円ほど出して最新PCを買う必要はありませんよ。」という話をしていたのですが、このWindows XPも今月末で通常販売は終了することになります。

今後は、Windows Vistaが主流になることは間違いないのですが、それにしてはややハードがオーバースペック気味で、その割に企業が受ける恩恵というのは少ないように感じます。(個人用途では、Vistaで楽しめることはたくさんあるのですが…)

ハードの価格が落ち着いてきたところで、企業でもVistaが本格始動となるわけですが、その頃にはWindows 7という次期OSが目前に迫っている状態かもしれません。(Windows 7は、聞く限りにおいては非常によいOSのようです。)

MicrosoftがOSのリリースに足踏みしている間に、周りの状況は変わってきています。

まず、Mac OS XがBSD UNIXをベースに開発され、非常に安定したOSと、アップルならではUIの素晴らしさによって固定ファンをじわじわ増やしています。またMac上でWindowsのソフトが動くエミュレータの進化に伴い、移行がスムーズになってきています。
また、低価格PCでシェアを伸ばしつつあるLinuxでも、Windowsのソフトをそのまま動かせるWINEの開発が進んできています。
また別視点ですが、インターネットブラウザ上から仮想デスクトップを実現するAPI群が多数出始めています。

こうなってくると、もはや「特定のOSにこだわる理由は何?」と聞かれる時代がやってくるかもしれませんね。
OS同士が個性を出そうと必死に競争を始めることで、新しいアーキテクチャ、新しいUI、新しい使い方が提案されてくることを期待しています。

tag : ITコンサルティング OS NARTS

3600円/年で快適日本語入力を手に入れよう

編集者やライターの方に限らず、パソコンを毎日お使いの方に、一度は体験してみて頂きたいのが、ジャストシステムのATOK 2008です。

その昔、一世風靡した日本語ワープロ『一太郎』の漢字変換ソフトとして愛用者も多かった『ATOK』ですが、Windows OSに標準搭載のMS-IMEやMicrosoft Officeにシェアを奪われ、しばらくは影の薄い存在になっていました。

ところが、ここ最近、漢字変換精度の高さが再評価され、ATOKユーザーが増えているそうです。(というより、MicrosoftのMS-IMEがおバカすぎるのに我慢ならない、という人が増えたのかもしれませんが…)

ここでジャストシステムも新たな1手を打ちました。
それが、月々300円で利用するという『定額制』の導入です。

ATOK定額制サービス

もともとパッケージソフトとして7,560円(ダウンロード版は6,615円)で販売されていたものですが、より手軽に利用しやすくなりました。
単純計算で年3,600円としても、最新版を2年間以上使えば、パッケージソフトを買ったのと一緒。また、ATOK2009やATOK2010(?)と、自動で最新バージョンが使えるようになるでしょう。

これは、ウィルス対策ソフトと同じビジネスモデルと考えてよいかと思います。ですが、日本語変換ソフトにこのビジネスモデルを導入するのが新しい試みですよね。

私はジャストシステムの回し者ではありませんが、良いソフトは評価されるべきだと思いますので、ぜひ皆さんも、快適な日本語変換を体験してみてください。
無料ダウンロード(30日体験版)もあります。Macの方は、ATOK2008 for Macが来月発売なので、それまで待ちましょう。

theme : こいつは使えるぞ
genre : ビジネス

tag : ITコンサルティング 日本語入力 ATOK 定額制

Firefox 3ダウンロードしました

今日からFirefox 3がダウンロードできます。私もさっそくダウンロードしてみました。
24時間でのダウンロード数で、ギネスブックにも挑戦中ですので、その結果も楽しみです。

Firefox 3 の灯
このサイトでは、ダウンロードした人々のおおよその地域が映像で見られますよ。
こういう試みもWebプロモーションの一環として面白いですね。

さて、少しだけ触ってみた感触ですが、ブラウズの移動がスムーズですね。描画のスピードがまた上がっています。「CTRL+T」によるタブの表示ももたつきがなく、気持ちがいいです。

描画スピードや文字フォントでは、Safariも良いWebブラウザですが、セキュリティの面でやや心配がありました。
それに比べると、Firefox 3は本格的にInternet Explorer 7に対抗できる実力を兼ね備えていると思います。

私は仕事上、Internet Explorerを主要ブラウザにしていますが、プライベートならFirefoxを主要ブラウザに切り替えてもいいのでは、思っています。
これはいいですよ、お試しあれ。

tag : ITコンサルティング Firefox Safari Internet Explorer

やるなぁ、市役所の職員

私は「お笑い」も好きなのですが、その中から1つ。

つい先日、市民税の支払い通知と一緒に、口座振替の申込みはがきが入っていたのだけれど…。

税金振替太

見本の名前が秀逸。
やるなぁ、市役所の職員・・・。

tag : お笑い

勉強をしなければならない理由は?

月曜日は短大で講師をしています。
日本の大学や短大は、「社会人になる前に、羽目を外せる最後の時間」のような空気があって、いまひとつ真剣に学ぼうという気が起きにくいのが残念ですね。
学校の時間を過ぎたら、精一杯友達と遊んだり、バイトしたりして、人生経験を豊かにしていってもらいたいですが、せめて学校の中では将来役に立つかも知れないことを学び取ってほしいなと思います。

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法

この本の中には、なぜ勉強をしなければならないのか、という問いに対して「幸せになるため」と書かれてあります。
勉強をすることで、自分のなりたい職業に就いたり、資格を取得することで年収アップになったり、明日の生活に苦しまなくていい分だけ、精神的に落ち着くことができる。年齢を重ねても、新しい感覚を学んでいる人は、話も面白い。著者の勝間和代さんの1つの簡単な答えとして、「勉強すること=幸せになるため」と定義してあるのですね。

これは、いくつになってもそうかもしれません。知らないことを学ぶ、ということはワクワクします。それを仕事や家庭で活かせたとき、もっと嬉しくなります。
学生の時は、そのことになかなか気付きにくいことかもしれませんが、大人になると学ぶことの大切さがよくわかります。
私も、講義やセミナー、コンサルを通して、そのことを少しでも伝えていけたら…と考えています。

tag : ITコンサルティング

基幹システムにもオープンシステムの波

東証が基幹システムをLinuxを採用したというニュースが出ていましたが、数年前と比べると隔世の感があります。

私が大規模システムの開発に関わったときには、「Linuxなんて・・・!」という反応が当たり前だったのですが、今は検討しないほうがおかしいという状態になってきました。

その昔、ITバブルで踊らされていた企業も、「費用対効果」が明確になったものを選ぶようになってきていると思います。そのときに必要になるのが、社内にITの情勢に詳しい社員がいるか、信頼できるコンサルタントが付いているかです。

大事なシステム投資を、無駄にしないようにしたいですよね!

tag : ITコンサルタント システム投資

予告.inに関するロケスタ社長の意見が素敵

予告.inに関する、ロケットスタートの社長さんの日記が素晴らしいです。

予告inについて少し真面目に述べてみる

私もネットを通じてお仕事をさせてもらっている一人なので、「インターネット=悪」のような報道をされるのはイヤだな、と思っていました。
インターネットは、とても有意義なツールです。便利なこと、楽しいこと、ワクワクするようなこともいっぱいあります。ある一面だけを報道するのはいかがなものか、と思っていました。

政府機関がCGMのような曖昧な仕組みに頼ることはできず、しっかりとしたシステムを構築する必要があるでしょうし、それにそれなりのお金が必要になることもわかります。
でも、今回の予告.inのように、1人のアイデアによって急速に広まるメディアがあることも事実です。

その両者のバランスをうまく取り入れていって、インターネットがより安全に使われていくという仕組みが構築できたら、素晴らしいですよね。

tag : ITコンサルティング 予告.in CGM

Yahoo!にgoogleの検索連動型広告提供へ

北米において、Yahoo!Googleの検索連動型広告を提供するというニュースが流れました。
これは、Microsoft(MSN)がYahoo!買収に乗り出していたのですが、Yahoo!側からの猛反発に遭い、結局合意に至りませんでした。
Microsoft側から見ると最悪な結果になったように思います。逆に、googleとしては漁夫の利を得たような格好です。

日本においてはYahoo!Googleは良い勝負をしていると思いますが、北米では違います。

北米では現時点、Google 6割、Yahoo! 2割、msn 1割程度だったと記憶しています。
つまり、2位と3位が合併して1位に対抗しようとしたら、逆に1位と2位が仲良くなってしまって、3位が検索エンジンのシェアで圧倒的な差をつけられる可能性が出てきた、ということになります。

もちろん、反トラスト法(日本における独占禁止法)に抵触しないように、Yahoo!Googleは付かず離れずを繰り返すと思われます。

今回の件で、またしてもGoogleの影響力がさらに増したかもしれません。少し怖いくらいです。

日本ではしばらく影響ないかと思いますが、Google AdWords、オーバーチュアの関係性に、何か影響が出てこないか注意深く見ていこうと考えています。

tag : ITコンサルタント Yahoo! Google msn

Firefox 3公開間近

PC用のWebブラウザといえば、真っ先に思いつくのがInternet Explorerだと思いますが、他のWebブラウザも使ってみませんか?

私が今日オススメするのは、Firefoxです。
Firefoxは高機能でありながら、Internet Explorerに比べると軽快な動作感を得られ、なおかつカスタマイズ性に優れています。
Internet Explorer 7になって、タブブラウズ機能は便利だけど、ちょっと遅くなったなぁー、と思った方は、Firefoxを試してみてはいかがでしょうか?

また、Firefoxの最新バージョンであるFirefox 3が、6月18日にも公開されるとアナウンスされています。ダウンロード開始後、24時間以内に最も多くダウンロードされたソフトウェアとしてギネス記録にも挑戦するそうですので、このお祭り騒ぎにのってみるのも一興かもしれませんね。

…私? 私ももちろん、このお祭りに参加してみようと思っています。(笑)

tag : ITコンサルティング Firefox

青少年ネット規制法

今、テキスト関連の仕事で忙しいBONです。
今日は法律の話。

青少年ネット規制法の記事
GIGAZINEさん、相変わらず仕事はやいですね。

日本では、今までインターネットにフィルタリングをするということはやってこなかったわけですが、ついに始まります。
「国が定めた有害と思われる情報」にはアクセスできなくなる、というのが怖いですね。エスカレートすると、中国のフィルタリングのようになる可能性もあります。

また、通常のコミュニティサイトや掲示板を提供している事業者も、そういった有害情報がアップされていないかの監督責任も問われるかもしれませんね。以前このブログでご紹介した、「プロバイダ責任制限法」と併せて、注意すべき法律といえるでしょう。

tag : 青少年ネット規制法 ITコンサルティング 法律

iPhone 3G発表

噂になっていた、iPhone 3Gがいよいよ日本でも発売されることになりました。

ITmediaの記事がコンパクトにまとまっていて読みやすいでしょうか。

HSDPAに対応し、下り最大3.6Mbpsで、速度的にも問題ないでしょう。

やや丸みを帯びたボディで、ブラックとホワイトのカラーがあります。Appleらしいデザインですね。

今まで、PDAやスマートフォンといった端末は、一部の人のみが使うといったイメージがありましたが、このiPhoneの国内登場で、どれだけ盛り上がりを見せるのか楽しみです。

tag : iPhone ITコンサルティング

秋葉原の事件に絶句・・・

このブログにも書いている通り、
つい先日ですよ、秋葉原で仕事したのは。

先週、まさしくあの通りを歩いていました。
あれが数日ずれていたらと思うと、
ショックを隠しきれません。。。

tag : 秋葉原

音楽業界の動きは、理解に苦しむ

すみません、今日は問題提起だけで・・・。

「音楽自警団」って・・・。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/06/06/19843.html

自分の首を絞めることになりませんかね?

温泉施設に行ってきました

最近、温泉施設巡りがマイブームです。
そんなに温泉が大好きだったわけでもないのですが、調べてみると身近に結構あるもので、じゃあ気分転換にいってみようかな、となって、なんだかそれが続いています。

この写真は今週行った、とある温泉施設。

温泉施設


なかなか綺麗ですよね。
あえていうなら、ハード面より、ソフト面の充実もほしいなと思いました。(ちょっとオシャレになった健康ランド、というカテゴリから抜けきっていないような・・・)

それと、IT面での問題を1箇所発見しましたが、真似されると困るのでブログには書きません。どの施設かわかった人だけ、「どこに問題があったのだろう?」と想像しながら訪れてください。

秋葉原を歩いてきました

仕事の打ち合わせで秋葉原駅まで。
打ち合わせそのものはすんなりと終わり、久々に秋葉原を歩いてみました。

その昔、秋葉原といえば電子工作少年やパソコン少年にとっては憧れの街でした。私も地方から初めて東京に旅行に来たとき、秋葉原の魅力にすっかりハマったうちの一人です。

ところが、今、街を歩いてみても、あの頃のような感動に出会うことはありません。
もちろん、街全体がアニメやアイドル、ゲームやフィギュアといった違う街に変わってしまったということもありますし、ターゲット層が変わったから(いわゆるオタクの人々や海外からの旅行客)というのもあるでしょう。

でも、一番の原因は、「秋葉原でしか入手できないもの」が少なくなったからだと思います。今や、情報は全てインターネットを調べれば済むようになりましたし、ちょっとした家電部品なら近くの各主要駅に大手量販店に行けば事足りるようになりました。
わざわざ秋葉原まで来る理由がほとんどなくなってしまったのですよね。

だから、秋葉原の多くのPCショップは、「値段」で勝負しています。うちは量販店より安いよ、と。しかし、これは厳しい戦いを強いられます。安売りで有名だった大手PCショップが倒産したことは記憶に新しいところです。
もう1つは、「専門店化」することです。例えば、「世界中のパソコンモニタを展示しています。画質を比較してください」や「キーボードだけ扱ってます。数十種類のキーボードを試し打ちできます」など。これらは、比較的お客さんも多く、成功しているように思えます。

とはいえ、秋葉原が「家電の街」から「PCの街」へ、そして今は「オタク文化の街」へ移ってしまったのは、街でメイドさんを見かけても誰も驚かなくなっていることで明らかでしょう。
アニメなどが日本の新しい輸出産業として有望なのは、頭では理解しているのですが、やっぱり昔の秋葉原を知っているだけに、ちょっと寂しいものも感じました。
「またしばらく、秋葉原に来ることはないだろうな」と少し感慨にふけりながら、駅の改札をくぐったのでした。

tag : 秋葉原

キーボードへのこだわり

今日は私の仕事道具の1つであるキーボードへのこだわりについて。

私の仕事道具として一番長く触れているのは、キーボードでしょう。特に、執筆関連の仕事をしている時には、何時間も触れていることになります。

そこで、私が過去数十のキーボードを使ってきて、「これだ!」と思ったキーボードをご紹介します。

東プレ Realforce
http://www.topre.co.jp/products/comp/key_list.html

キーボードは普通に買えば、1,000~3,000円くらいなのですが、この東プレのキーボードは20,000円前後します。
秘密は、静電容量無接点方式というキーの触り心地にあります。「キーを押す」というより「キーに触れる(指の重みで落ちる)」感じです。これなら、長時間キーを打鍵していても疲れることはありません。

本当は、メカニカルスイッチのような「カチリ」という正確な打鍵感も好きなのですが、周りの人から「うるさい」と言われることが多く(笑)、使わなくなってしまいました。

最近ではデザイン性とキータッチの感触も良くなったキーボードが出回るようになりましたが、東プレ Realforceから乗り換えようというところまでには至っていません。

tag : ITコンサルタント キーボード

学生に起業を勧めるべきか否か?

興味深い記事がITproに掲載されていました。

学生とIT業界トップの公開対談で胸を衝かれたこと---IT産業を呪縛する“変われない日本”

発声練習 も併せて読まれると、記事の偏りがなくていいです。

情報処理推進機構(IPA)が企画した、IT業界のトップと、優秀と思われる学生との対談ですが(元の記事はこちら)、学生に教えている立場としていろいろ考えさせられました。

中でも、「天才プログラマのように技術を極めるのであればそれを生かす道に行くべきであって,企業に入って大型システムを開発するのはもったいないか向いてない」という趣旨の言葉は、実際、その通りだなと実感します。
直接クライアント企業と話す大手SIerに必要な能力は、コミュニケーション能力と、要件定義をしっかりと固める能力、あとは1次請け、2次請け、3次・・・と続く連鎖の中でいかに効率よくプロジェクトを遂行させるかという管理能力です。

それは、企業が大学教育に求める能力として、1位が「システム・ソフトウエア設計」,2位が「文章力」,3位が「チームワーク」を挙げておられることからも容易に想像がつきます。

では、ここで述べられていたように、能力がある学生にすぐに起業を勧められるかというと、これはこれで難しいものがあります。日本にはまだベンチャーを受け入れる土壌が整っていません。支援制度が足りなすぎるのです。
また意識面での改革も必要でしょう。「起業に失敗してもそのチャレンジ精神を大いに評価する」ということで、再雇用でもオファーが次々に来るような雰囲気にならなければ、大手企業からの内定を蹴ってまで起業しようとは決断できないことでしょう。
日本はまだ、「道から一歩外れた者」や「一度失敗した者」に対して、寛容な社会ではないのです。

学生は、それを敏感に感じ取っているようです。今、私が受け持っている学生でも、ほとんどが「安定した正社員」になることを希望しているようです。私はそれを適切な判断だと思うし、わざわざ大きなリスクを背負う起業への道を安易に勧めることはできません。

とはいえ、普段からITコンサルタントとして起業家や起業家の卵の皆さんと接していて感じるのは、皆さん「イキイキしているな」ということです。きっと、24時間ビジネスのことを考えたり、大変な重圧を感じていらっしゃる起業家の方もいると思いますが、皆さん生命力に溢れています。

私は、遊びたい盛りの学生に向かって、自分で仕事上でのやりがい(生き甲斐?)を見つけろと無理矢理説教するつもりはありませんが、「将来起業家になりたい」と言っている学生には、その前向きな気持ちを伸ばしてあげるようにしたいと考えています。

tag : ITコンサルティング 開発環境 ITコンサルタント

東京駅近くでITコンサルティング

ITコンサルティングの打ち合わせ場所が変更になったので、私の希望で東京駅付近で打ち合わせすることになりました。

東京駅付近ではカフェはたくさんあるものの、人が多すぎて落ち着いて話ができないのですが、フォーシーズンズホテルのラウンジはなかなか良いです。

フォーシーズンズホテルのラウンジ2フォーシーズンズホテルのラウンジ1

海外のビジネスマンや富裕層のお客様が多く、また7Fにありますので夜景も楽しめます。
バーも併設してありますので、アルコールを少々入れたいなというときにも使えます。

…と思っていたら、今日は途中から子供連れの家族のお客様が訪れて、一気に賑やかに。(笑) …まぁ、こういうことも時にはあります。(^_^;)

theme : ビジネス
genre : ビジネス

tag : ITコンサルティング

イータイピングで腕試し

月曜日は短大で講義の日です。

さて、学生の中にはPCよりも携帯のほうが身近な情報ツールという人も増えてきています。したがって、パソコンのキーボード入力のほうがちょっと自信がない、という学生もちらほら。。。

そこで、ゲーム感覚で楽しんでもらっているのがイータイピングです。
http://www.e-typing.ne.jp/

ここの「腕試しレベルチェック」でどのくらい速く正確に打てるか、何度かやってみてもらいました。
こういうのは「習うより慣れろ」の世界です。正確な手の位置(ホームポジション)さえできていたら、練習したら練習した分だけ、ちょっとずつ速くなりますからね。

なかには、360点を超えるような人もいました。
日商ワープロ検定1級&キータッチ2000ゴールドホルダーを持っている私よりも点数が高い。(私は340点超えたくらいでした) うむむ、反射神経落ちたかな?(笑)

雑誌とネットの融合はかなり進んできている

今日は、雑誌とネットの融合のお話。
まずは、ここを見て頂きましょう。

msnマガジンサーチ
http://magazine.jp.msn.com/

なんと、TarzanやHanakoが全ページ読めます。(バックナンバーですけど。) 試し読みでちょっと読む、というのはありましたが、これはすごい。全ページですよ、全ページ。
夏に向けてダイエットしなくちゃ!鍛えなきゃ!って人には、今からなら十分間に合いますよ。(笑)

さて、このビジネスモデルとしては、広告収入ということになるのでしょう。これはテストケースとして行われているようですが、今後、雑誌とネットの融合点を見極めるという意味でも面白い試みですね。

実際、パソコン雑誌でニュース中心だった雑誌はほぼ全滅しています。ニュースの速報性だったら、絶対にITmediaやPC Watchに敵いませんからね。むしろ、専門性を活かした情報・まとめ中心の雑誌は残っているようです。

また分野は異なりますが、ファッション誌では積極的にネット展開をして、雑誌に載っている服を通販したりしてトータルで利益を出そうという動きもあります。

私はハードカバー本や雑誌の手触りの感触も好きなので、すべてが電子化されればよいとは考えていません。しかし、部数が伸びないから事業を縮小しようという話になる前に、出版社の皆さんには「本とその周辺にある新しいビジネス」を考えてもらえたらな、と思います。

tag : ITコンサルティング

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ