重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

いつもご覧頂きありがとうございます!

もう6月ですね! 今年ももう半分近くになってきました。

さて、今年の5月23日で、ブログを開設して丸4周年になりました。

おかげさまで、IT経営に関するITコンサルティングやWebマーケティングなど、どちらかといえばビジネス寄りの話が多い当ブログなのですが、毎日数百人の読者の方々に読んでいただけるブログに成長できて、本当に良かったな、と感じております。

いつもご訪問ありがとうございます。

人気ランキングを見ても、

1位 ノートPCとデスクトップPCの消費電力は?
3位 ビジネスで使えるパワーポイントテンプレート
5位 無線LANの電波強度と干渉を調べる「inSSIDer」
8位 テザリングの「制限付きアクセス」トラブル解決法

などなど、とってもビジネス寄りな記事が人気です。(笑)

特に8位のテザリングの接続問題は、商談の場でネットワークがつながらない、焦る!みたいなことを防ぐのに役立つと思います。

また、ランキングこそ入らないまでも、Webマーケティング系の記事もよくアクセスされているようです。

今後もこういったちょっとした経営&ビジネスのお役立ち記事を増やしていきたいと思います。

これからも、あまり肩肘を張りすぎず(笑)、でもときどき本腰入れた記事を書きつつ、長~く続けていきたいと思っております。

今後とも当ブログをご愛顧くださいませ!!

4周年のご挨拶でした!

スポンサーサイト



theme : 日記
genre : ブログ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

渋谷ヒカリエ「Creative Lounge MOV」

先日、渋谷でITコンサルティングを行った際、待ち合わせ時間まで少し余裕があったので、渋谷ヒカリエに行ってきました。

オシャレな雑貨や、ギャラリーなどが入って、なかなか良いなぁと思っていましたが、上の階に「Creative Lounge MOV」というコワーキングスペースが出来ていました。

Creative Lounge MOV(モヴ)|渋谷ヒカリエ

Creative Lounge MOV

調べてみると、コクヨが作ったスペースなんですね。

コクヨのレンタルスペースといえば、「Desk@(デスカット)」を思い出しますが、こっちのMOVのほうが全然オシャレです。

料金は、デイタイムメンバーであれば10,500円/月からですし、スポット的にワンタイムメンバー 840円/時間で使えて、なかなかオトクな感じがしました。

中を見学させて頂いたのですが、とても広々としたスペースで、静かに仕事に打ち込めそうでした。
(というより、会員になっている人数がまだ少ないからでしょうか?)

写真は、↓の記事で綺麗に紹介してありますので、ご参考ください。

誠 Biz.ID:渋谷ヒカリエにコクヨの会員制オフィス「Creative Lounge MOV」 ――新しい働き方を求める人に

追伸
欲を言えば、これにギークハウス的なコラボレーションというか、ちよだプラットフォームのようなコミュニティを促進する仕組みが加われば、もっとクリエイティブな人が集まるのでは、と思いました。

theme : 文具・事務用品・オフィス家具
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング ワーキングスペース

ニュースを綺麗に見せる「Flipboard」

今日は簡単に、ソーシャルニュースマガジン「Flipboard」を紹介します。

Flipboardとは、複数のニュースサイトやソーシャルメディアから記事を収集し、綺麗に見せてくれるサービスです。

日本語にも対応し、日本人にも使いやすくなりました。

Flipboard-1

Flipboard-2

Flipboard-3

画像入りで、しかも見出しの文字も大きいので、私もつい時間が空いたときに見てしまいます。

操作性も、紙を上下にぺらぺらとめくるような感覚なので、あまり違和感なく使うことができます。

「Yahoo!ヘッドライン」のような情報の一覧性には欠けますが、楽しく読みたいという要望には応えてくれる、優秀なアプリです。

theme : スマートフォン・アプリ
genre : 携帯電話・PHS

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング スマートフォン アプリ

買い物弱者に関連する記事

「買い物弱者」という問題がクローズアップされてきているようです。

買い物弱者とは、

郊外型の大規模店との競争、地元における専門店の有無、深刻な不況による経営難などから従来型の商店街や駅前スーパーなどの店舗が閉店することで、その地域の住民(特に原付・自動車を運転できない人々や、インターネットを利用できない人々など)が生活用品などの購入に困るという社会現象、またはその被害を受けた人々を指す言葉。(Wikipedia「買い物難民」より抜粋)


ということで、高齢者や移動が難しい方、また移動圏内にお店がない方などが、買い物が困難になる状態のことです。

以下の記事に、主要な論点がよくまとめてあります。

現在増加中の「買い物弱者」とは? | Woman.excite ライフプランニング

この中で対策として、

①身近な場所に「店を作ろう」
②家まで「商品を届けよう」
③家から「出かけやすくしよう」

という案が提示されています。

①は、↓の記事に、移動販売店や仮設店舗の話が出ています。
急増する「買い物弱者」を救え 立ち上がる小売業  :日本経済新聞

②は、ネットスーパー、宅配の話が出ています。
ただ、ネットスーパーを利用するには、PCでもiPadでも難しいという議論が別途あり、もっと簡易的な端末が必要とされているようです。
(らくらくスマホならぬ、らくらくタブレット的なものをイメージするとわかりやすいでしょうか?)

③は、買い物バスの巡回や、補助金を活用した例なども紹介されています。
「買い物弱者」解消へ 県が支援事業を拡充 新潟 - MSN産経ニュース

この中で、提供エリアが広くビジネスとしてもボリュームがありそうなものはネットスーパーですが、
買い物弱者助け、ネットスーパー市場が急成長 “買う”以外に価値見出し、利用しない層も:MONEYzine
とあるように、「ショッピングをやる楽しみ」というものもあり、端末だけの問題ではなく、一概にネットスーパーが良いとはいえないこともあるようです。
(ただ、本当に困っている人にとっては、楽しいとか楽しくないの問題ではなく、本当に死活問題になるので、サービス提供されるか否かは大きいと思いますが。)

大手スーパーはどこもネットスーパーを展開していますし、楽天市場も食品配達サービスをスタートさせるそうです。
食品宅配サービス|楽天マート

いろんな解決策があっていいと思いますので、今後も興味を持っておきたいと考えています。

theme : ビジネスアイディア
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

イノベーションとオペレーションの違いを理解する

ああ、これは良記事。

なぜ上司や周囲は「反対」するのか イノベーション包囲網(前編) :日本経済新聞

オペレーションとイノベーションの違いを、端的に表にまとめてあります。

・オペレーションは9割以上の成功率を前提に動き、成果も短期間で出やすい。だから、業務の論理や分析が大事。
・イノベーションは1割以下の成功率で、業務の傍流から生まれる。イノベーションを起こしたい人達の熱意や想いが大事。

そして、イノベーションは得てして、従来の業務を破壊的に壊す場合もあり、周りの人からは善意で「やめろ」と諭される。
なぜ、阻害する力や足を引っ張ろうとする力が出てくるのかも理解できます。

どこかでイノベーションが必要なことは経営陣も理解しているけれど、それがいつかは短期的には分かりづらく、通常はカイゼンのみで乗り切ろうとする。その結果、業務がキツキツになりすぎて、イノベーションが起きづらい環境になることも…。

さて、積み上げ式アプローチと非連続的アプローチ、どちらをどの程度大切にするかは、経営者の手腕も問われそうですね。

theme : 企業経営
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

スマートフォン用SEO・MEOに備えよう

スマートフォンの爆発的普及に伴い、企業側でもスマートフォン対策が必要になってきています。

特に、スマートフォンの場合は、

・今いる場所から検索する。
・今必要なものを検索する。
・短い単語で検索する。

などの特徴があります。

今いる場所からの検索としては、GoogleマップやYahoo!ロコなどが相当しますね。
私もよく馴染みのない駅の周辺で、マップから「カフェ」や「レストラン」で検索して、時間調整します。

今必要なものを検索する例としては、急に何かが必要になったとき、またその場所で必ず必要になりそうな商品やサービスなど、それらが検索されたときに、自社や自店舗が出ているか否かというのは、大きいものです。

最後の短い単語で検索するというのも、その通りですよね。
普通のキーボードと違い、入力するのが難しいので、あまり長い名前や、入力しづらい名前では、検索してくれない(あるいはミスしてしまう)可能性があります。

いずれにしても、スマートフォンからどのように自社を見てもらうのか、シーンを想像しながらやっていくことが大事ですね。

theme : スマートフォン
genre : 携帯電話・PHS

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング SEO MEO

公衆無線LAN汚染が酷くなってきている。

月末の仕事が立て込んでおり、ブログ更新が遅れました。

さて、公衆無線LANですが、各社が無計画に広めているばかりに、速度が遅くなったり、繋がらなかったりしているようです。

以下の2つを見るだけでも、相当数の公衆無線LANルータが設置されていることがわかります。

これでいいのか“汚れた”無線LAN:PC Online

Twitter / kigurumi_inside: SBMによるWiFiアクセスポイントばらまきの結果がこれだよ!

今までは2.4GHz帯中心でしたが、ここからさらに5GHz帯対応の機器が増えますので、さらに公衆無線LANも増える可能性がありそうです。

ドコモとKDDIがスマホの無線LAN機能を強化 5ギガ帯に対応、ソフト改良も :日本経済新聞

率直な感想を申し上げれば、公衆無線LANを共用できれば、こんなに各社で競わなくてもユーザーに便利に電波を届けることができるのですが、そうはならないですよね。

個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならないという、囚人のジレンマならぬ通信キャリアのジレンマですね。

ただ、もうさすがにまずいことは分かっているわけですから、そろそろ対策を始めないと、ユーザーにそっぽを向かれるかもしれませんね。

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

今から、ビジネス向けにパソコンを買うなら?

先日、あるクライアント企業にITコンサルティングで伺った際、とても古いパソコンをお使いになっていました。

昔のOSでないと動かないソフトがある場合には古いPCでも仕方ないこともあるのですが、その会社ではそのようなことはなく、通常のオフィス系ソフトを動かすくらいです。
次回伺った際に、その辺りをお話ししようかと思っています。

ということで今回は、
「今から、ビジネス向けにパソコンを買うなら?」
という話です。

JEITA(電子情報技術産業協会)調べによると、現在、デスクトップPCよりノートPCのほうが3倍近く出荷されているそうです。

モバイルノートが好調:ノートPCの出荷台数、デスクトップの3倍に――JEITA調べ - ITmedia +D PC USER

ノートPCを会社が購入するメリットはいろいろあります。

・省スペースを有効活用できる。
・オフィスの配置替えがラクになる。
・会議ですぐにプロジェクター等に接続して利用できる。

以前は、デスクトップPCとノートPCでは大きく価格差がありましたが、現在ではノートPCの値下がりが激しく、特定用途以外では、あえてデスクトップPCを選択する理由がなくなってきました。

現在売れ筋のノートPCは、3万円後半くらいで、画面が広く、デスクトップPCの代わりとしても十分使える高スペックのものがよく売れています。
Lenovo¥ 39,670

ASUSTek¥ 38,800

ビジネス向けのやや無骨なデザインですが、それもまた飽きが来ずにいいかもしれません。

もう少し待ってWindows 8搭載PCが出揃うのを期待してもいいですし、今パソコンの調子が悪くて困っている場合にはすぐに買い換えてもいいくらいの値段帯ですよね。

検討してみる価値はあると思います。

theme : PC買い替え
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

日本人は「やることリスト」をあまり作っていない?

ちょっと面白い調査がありましたのでご紹介。

LinkedInユーザーの63%が日々の「やることリスト」作成、日本は45%で最低 -INTERNET Watch

ビジネス向けSNSとして、主に海外で有名な「LinkedIn」が、「ビジネス習慣に関する意識調査」を行ったそうです。

その結果、「やることリスト(To Do List)」を作成しているビジネスパーソンは全体の63%だったそうです。
なお、日本では45%だったそうで、2人に1人以上は、「To Do List」を作っていないとのことです。

それは何故だろう、と思ったら、日本人は「手帳」が大好きな人種で、スケジュールに予定をぎっしり書き込んでいるからではないだろうか、と想像してみました。
スケジュール帳をTo Do List代わりに使っているという方を、私の周りでよく見かけます。

業種別で、
・法律関係者がタスクを終えていない傾向が最も強い。
・農業関係者がタスクを終えることができる。
・アート業界関係者の多くがリストに沿ってタスクを実施していない。
という傾向が出たそうです。

ですが、これも納得できるところで、農業は明らかに時期でやることが決まっているのに対し、法律やアートは自分や周りの人の動きに合わせて、毎回やることを決めなければならないし、繁忙期が予想しづらいからです。

とはいえ、やることが多くなりすぎると、どこから手を付けていいのか、スケジュール帳だけでは管理できなくなってしまうのも事実。

ということで、やっぱり優先度を付けたToDoリストがあったほうが良さそうですよね(笑)。

「複雑な仕事をやるときは、できるだけ細かく分解するといい」と言いますが、それも含めて、↓の記事を参考に。
いちいちToDoリストを作る事の意味が少しわかった - シゴタノ!

(あまり突き詰めすぎると、GTDのようになってきますが、最初は気軽に始めるのが長続きするかも??)

ToDoリストを作るのが面倒くさいと考えている人も、急がば回れで、結局は自分のためになるかもしれませんよ!

theme : ビジネスアイディア
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

ドラッグ&ドロップでサイト作成「Zoho Sites」

今日は、千葉、赤羽、綾瀬とITコンサルティングが続きました。さすがに疲れました。

さて、将来的に便利になるかも、と期待しているサービスの1つに、「Zoho Sites」があります。

Free Website Builder, Mobile Websites : Zoho Sites

ドラッグ&ドロップで、サイトを作っていくというものです。
残念ながら、今のところ英語版しかありません。

無料のHP制作サービスはいくつかあるものの、やはり操作性に難があったりしますよね。
その点、このZoho Sitesは無料でありながら、なかなか面白そうな感じです。

とはいえ、やはり今のところ、日本人消費者向けのWebサイトを持つなら、

みんなのビジネスオンライン

のほうが圧倒的に便利ですね。
複数のサービスが競争しながら便利になっていくことは良いことだと思いますので、この手のサービスの更なる品質向上に期待しています。

theme : webサイト作成
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

今、ネット上にバックアップを取るべきか否か?

自宅や、小規模オフィスのパソコンなどのデータをバックアップしたいなら、NAS(LAN接続のHDD)が一番使い勝手がいいのは、おそらく間違いないと思います。

では、災害などによる壊滅的なダメージから復旧させるディザスタリカバリを考えるなら、何を使うか、ということなのですが、これがなかなか難しい問題です。

大企業ならともかく、中小企業で遠隔地バックアップするとなると、速度面からも、セキュリティの面からも、そして価格の面からも、なかなか判断が難しいところです。

今現在、サービス提供されているものとして、以下のページにまとめがしてありました。

無期限にデータを保存するならドコ?オンラインストレージ比較 - フリーソフト100

ただ、正直、↓みたいなことも稀に(?)あるので、やっぱりオススメしにくい状況です。
マカフィーオンラインバックアップ 遅すぎる - ネットトラブル - 教えて!goo

PC1台バックアップするのに、数日かかるサービスも多いですよね。

海外のバックアップサービスで便利なものも沢山あるのですが、私がクライアントの会社さんにサポート体制も含めて、胸を張って紹介できるものがあるかというと、そうでもありません。

ですので、今のところはNASをオススメして、「将来回線速度やサーバーが向上し、バックアップの実用に耐えうるようになったら、検討しましょう」という話をしています。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング セキュリティ バックアップ

会計管理、ERPのシェア

備忘録として、自分用にメモです。

中小企業向けの会計管理やERPの導入シェアについて、ちょっと調べてみました。

2011年中堅・中小企業における「会計管理」の利用実態とユーザ評価(PDF)

「ITR Market View:ERP市場2012」を発行・販売開始

一言でいえば、OBCの「勘定奉行」強し、ですね。会計管理、ERPともにシェアトップです。

次に、会計でいえば「弥生会計」、これも強いですね。

ミロク情報サービスもシェア高いですね。(ただ、カスタマイズ性の容易さでマイナス評価が高いのがやや気になります。)

また、意外に強いのが、OSK(大塚商会)の「SMILEシリーズ」とPCAの「PCA会計」。

とはいえ、何に使いたいかによっても評価が分かれるでしょうし、各パッケージに精通している会計事務所がついていることも大事なポイントですよね。
一概にコレがいい、とは言い切れませんが、導入実績が多く、評価の高いパッケージを知っておくのもいいですね。

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

bk1+丸善+ジュンク堂+文教堂=honto

ご存じの方もいるかと思いますが、オンライン書店「bk1(ビーケーワン)」が、MARUZENやジュンク堂書店や文教堂と組んで、ハイブリッド書店「honto」をスタートさせています。

「bk1.jp」にアクセスしようとすると、「honto.jp」にリダイレクトされます。

hontoネットストア:本、コミック、雑誌の通販【共通hontoポイント貯まる】

この新しいサイトの特徴は、↓のページに詳しく書いてあります。

ビーケーワンとhontoがひとつになりました。

これから本は、書店で買ってもいいし、ネットから買ってもいいし、電子書籍で買ってもいい、ということですね。

ちなみに、紀伊国屋書店は、独自サービスの「Kinoppy」を持っていますので、今回の連合には含まれていないようですね。

紀伊國屋書店の電子書籍アプリKinoppy|iPhone,iPod touch,iPad,Android,PC,ソニーリーダー™で読める!

とはいえ、少しずつですが、日本の大手書籍販売店も変わりつつあるということでしょうか。
今後の展開が楽しみです。

theme : マーケティング
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

フェイスブック広告の将来はそんなに明るくない

フェイスブックが上場しましたね。

一方的な熱狂で終わるかと思いきや、システムトラブルなどにも見舞われて、また市場関係者の思惑などもあり、思った以上に値が上がらなかったようです。

米株続落、フェイスブック上場は期待外れ | Reuters

とはいえ、しばらくはフェイスブックの株の話題で、市場は一喜一憂を繰り返すでしょうね。

さて、今回の話は直近の株価の話ではなく、フェイスブックの将来の話です。

フェイスブック広告は、思ったよりクリックされない、というデータが出ています。

[ 調査 ] 44%のフェイスブックユーザーは広告をクリックしない | ihayato.news

ほとんど私の感じていることは、↑のブログで書いてもらっていますので、特に補足することはないのですが。

まず先に思い出したのは、mixiがもてはやされた全盛期の頃のことです。
mixiには膨大が個人情報が登録されており、ユーザーの属性や趣味を把握した上でのターゲティング広告は、非常に有利と言われていました。

ところが、現時点では完全にFacebookやTwitterにおされ、ミクシィは全盛期の頃と比べて収益は激減しており、一部で身売り検討というニュース(噂?)が出るほどになってしまいました。
当時は、飛ぶ鳥を落とす勢いだったあのミクシィが、ほんの数年で…です。

同じくソーシャルで、一気に過熱して、一気に萎んでいったセカンドライフも思い出します。

さて、フェイスブックが同じ運命をたどらないと、誰が保証できるでしょうか?

今のところ、フェイスブックの力は絶大ですし、出資者も強気だと思います。
ですが、一旦大手法人顧客が広告費を絞り始めたり、顧客が別サービスに移転しはじめたりすると、と考えるとちょっと怖いですよね。

FacebookやTwitterも、うまく使えば、ビジネスにもプライベートにもとても役立つツールなのは間違いありません。

ですが同時に、現在の猫も杓子もソーシャルメディアと持て囃す風潮からは、少し冷静になったほうがいいのではないか、と私は考えています。

theme : Webマーケティング
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング Facebook

ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス実践講座

今日は、浦和で「クラウド時代におけるセキュリティ対策セミナー」という題名で、講師としてお話ししてきました。

セキュリティセミナーというと、どうしても「お堅い話」「暗い話」が多くなるので、雰囲気が暗くなりすぎないよう工夫しています。
参加して頂いた皆さんも、最後まで興味を持って聞いていただけたようで良かったです。

さてさて、別件ですが、また埼玉でセミナーのお知らせです。

ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス実践講座 - さいたま市産業創造財団

●対象:さいたま市内で起業を考えているかた
    起業して間もないかた、新事業を考えているかた

ですので、ちょっと対象が限られています。
特に、ソーシャルビジネス、コミュニティビジネスにご興味のある方が参加されるといいかな、と思います。

(私の担当回は、主に初心者~中級者向けの、SNSやサイトを作り込んだりする回なので、既に知識のあるIT関係の同業者の方はご遠慮頂ければと思います。)

私の回以外にも、なかなか実践的なセミナーが並んでいるようですので、ぜひ興味のある方はご参加ください。

theme : セミナーのお知らせ
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング お知らせ

ドコモとauの新端末が発表、ガラケーはなくなる?

NTTドコモとauの新端末が発表になりました。

NTTドコモ - 2012夏モデルの主な特長

au - 2012夏 スマートフォン 製品ラインアップ
au - 2012夏 ケータイ 製品ラインアップ

今回の特徴は何と言っても、「ドコモの新製品ラインナップから従来型携帯電話(ガラケー)が消えた」ということです。

すべてスマートフォンです。
使いやすい端末として、「らくらくスマートフォン F-12D」を用意しています。これは驚きですね。
それに対して、auは従来型携帯電話を3機種用意しています。
このあたり、戦略が分かれましたね。

また、ラインナップを見てみると、さすがにNTTドコモは機種も多く壮観です。
auは端末数では劣りますが、主力どころのスマホを用意しているあたりさすがです。

それにしても、本当にスマホが多くなりましたね。
ケータイを使い続ける理由に、
・操作が面倒くさそう。
・文字が小さい。
・バッテリーが持たなさそう。
というのがあるかと思いますが、「らくらくスマホ」みたいに文字が大きくて簡単操作のものが出てきたり、技術が進んでバッテリーが長持ちしたりするようになると、買い換えしない本当の理由は「今慣れているものから変えたくない」(心理的スイッチングコスト)というところになるかもしれませんね。

theme : スマートフォン
genre : 携帯電話・PHS

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング NTTドコモ au

IEEE802.11acの製品が登場

ついに次世代無線LAN通信規格の1つである「IEEE802.11ac」搭載の製品が発表になりました。

バッファロー、802.11ac対応の無線LANルーターとコンバーターを米国で発売 -INTERNET Watch

米国での販売なので、日本ではまだですが、実物が出て来たことで、今後普及の加速が見込まれます。

まだ規格策定中の段階の「IEEE802.11ac」ですが、実測でも「IEEE802.11n」の3倍は出るらしいとの噂なので、とても気になります。

チップセットを作っているブロードコムでは、「5G WiFi」というネーミングを提唱しているようですが、普及するかは未知数ですね。

あと、「IEEE802.11ac」は5GHz帯の周波数を使うので、2.4GHz帯と比べると遮蔽物に弱いので、ちょっと注意が必要かもしれませんね。

ですが、ぜひぜひ日本でも速く普及していただきたいです。

(私も普段はIEEE802.11nの5GHz帯で使っていますので、無線LANの転送速度がボトルネックなのです…。)

theme : ネットワーク
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング 無線LAN IEEE802.11ac

嘘を嘘だと見抜けないと自分が加害者になる可能性も

今日は、午前中は中野、午後は神楽坂でITコンサルティングを行っていました。

さて、毎回、風刺のきいた面白い嘘ニュースを書くことで有名な「虚構新聞」が、嘘ニュースを本気で信じた人達の間でTwitterなどで転送され、話題になっていました。

いつものように現実にありえない「虚構」のニュースを配信したつもりが、本気で反応する人が多くなってしまったようです。

虚構新聞の偽記事「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」にだまされて怒ってる人たち

それに対する虚構新聞の謝罪も、虚構新聞らしい(?)芸が細かさです。

虚構新聞が「橋下市長、小中学生にTwitter義務化」記事について謝罪

また、それに便乗した「虚構新聞が更新停止」という、これまた第三者の嘘ブログ記事に、またTwitterの方々が騙されて転送しまくったようです。

虚構新聞が更新停止? 嘘ニュースの応酬にTwitter大荒れ

もはやこうなってくると、騙すほうも騙されるほうもどっちもどっち、という気がしてきます。


これらの事象は、インターネットよりずっと昔から「チェーンメール」としてよく知られています。

チェーンメール - Wikipedia

転送する人も、本気で信じたり、善意で転送したりしているので、悪気は一切ありません。
そこに、このチェーンメールの怖さがあります。

ぜひ、上のWikipediaの過去の事例を読んでみてください。

ネットリテラシー(ネットを通じた情報の発信や受信が正しく行える技術)を高めることは、ビジネスにおいてもプライベートにおいても大事なことです。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

ネット上で実際に行われ始める大規模サイバー攻撃

つい先日行われていた、USTREAMとロシアの攻防戦は、USTREAM側の勝利に終わったようです。

ロシアのサイバー攻撃とUstreamの戦い : サイバー護身術 : セキュリティー : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

経緯は↑の記事に詳しく書いてありますが、これはまさしく、国家と企業、または国家と国家とがITを使って相手の国を邪魔しようという動きに他ならないかと思います。

よく使われるのがDDoS攻撃ですが、今回のものはよく訓練されたものだったようですね。
また、これに標的型攻撃メールや、外部からの不正侵入、バックドアまで同時並行されていたら、防げていたか難しいかもしれません。

こうなると、サイバー攻撃というよりサイバー戦争なのでは、というほど怖さを感じますが、実際の戦争ほど国際ルールが定められていないので、早めの国際ルールを決めたほうがいいのかもしれませんね。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング セキュリティ

社会にとっていいことをしたい人は確実に存在する

今日はお休みなので、いつもと違う話で。

先日、世界22カ国で調査された「世界に良い影響」を与えている国として、日本がトップに選ばれたそうです。

「世界に良い影響」日本トップ…BBC読売調査 : 国際

私は、日本人が自分たちを必要以上に褒め称えるのは「謙虚さに欠ける」と思いますが、「必要以上に卑下する」必要もないと思っています。
大震災を経験した日本人が、礼節と秩序をもって対応にあたったこと、ゲームやアニメによる影響もあるのでしょうが、「クリエイティブな国・都市」として日本・東京が選ばれたことなど、海外から高く評価してもらっていることは、素直に「有り難い」と感じるべきだと思います。

「最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京 でも日本人は自信がない──Adobe調査 - ITmedia ニュース

さて、そんな日本人の中には、社会にとって良いことをして、それでビジネスになったらもっといいな、と考えている「社会起業家」を目指したいという人も多いようです。

(あらかじめ誤解のないように書いておきますが、仕事をすること、それすなわち社会に貢献していることです。誰かのために仕事をし、その「ありがとう」の対価として報酬を受け取ることは、確実に社会に貢献していることです。社会起業家だけが、特別なわけではありません。)

と、前振りはこのくらいにして、その一見キレイ事のように見える社会起業家を本気で目指し、ビジネスとして収益を上げようという社会的企業(ソーシャルビジネス)の動きは、またここ最近一段と活発になってきているように感じます。

(また誤解のないように補足しますが、ボランティアとソーシャルビジネスの違いは、無償による美徳か、収益を意識して長く活動を続けられる継続可能性の視点かと思います。ボランティアにはボランティアの良さがありますし、ずっと良いことを続けていこうという意志を持つソーシャルビジネスにも利点があります。)

いくつか、記事も増えてきていますね。以下の記事以外にもたくさん増えてきています。

“いいこと系ソーシャル”が増殖中 | web R25

コツは、「普段やっていること+1」だったり、「自分にとってちょっと気持ちの良いこと」をビジネスのスキームの中に取り入れることだと思います。

そんな、少しずつの善意を大きなパワーにまとめるのが、ソーシャルビジネスがうまくいくポイントだと捉えると、いろいろスッキリするかもしれませんね!

(なお、この手のビジネスは、他人から偽善と言われたり、理解が得られなかったり、収益が思いのほか伸び悩んだりするのはよくあることだと思います。だからこそ、強い意志を持った人、根気を持った人、普通のビジネス以上に頭を働かせることができる人が、やるべき仕事だと思います。まぁ、簡単ではないですよね…。それでもやりたい!という人が取り組むべきことだと考えています。)

theme : ビジネスアイディア
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング ソーシャルビジネス

Twitter投稿の約半数がスマホからの投稿に

Twitterの投稿に関する調査で面白い内容がありました。

Twitter投稿の5割弱がスマートフォンに BIGLOBE調査 - ITmedia ニュース

ビッグローブの国内Twitter利用動向調査によると、スマートフォンからの投稿が45.7%になったそうです。

逆に、従来型携帯電話からの投稿は14.7%にまで落ち込んでいるとのこと。

完全にモバイル端末によるインターネットを使ったコミュニケーションの主役が、携帯電話からスマホに交代したことが伺えます。

でも、実際地方にいくと、従来型携帯電話を使っている人の割合が多かったりしますので、その場合は「モバイル端末によるインターネットを使ったコミュニケーション」そのものが、あまり使われないという事実の裏返しにもなったりしています。

theme : スマートフォン
genre : 携帯電話・PHS

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング Twitter

「ステマ」が景表法違反となる可能性ありとの判断

最近、ネット界隈で「ステマ」という言葉が一人歩きしているようなので、きちんと整理しておこうと思います。

「ステルスマーケティング(ステマ)」とは、

・消費者に宣伝と気づかれないような宣伝行為。
・関係者・外部業者を使って事実と異なる印象操作。
・報酬を出して自社に有利な記事を無関係を装って書いてもらう。

つまり、何かの行為によってユーザーに事実と反する印象を植え付けたり、実物以上に良いものだと誤認識させる行為ということですね。そこに「金銭のやり取り」が介在していると、より悪質な印象になります。


今週、消費者庁が指針を出していまして、

消費者庁、“ステマ”も景表法違反の可能性ありと判断 - ITmedia ニュース

①店舗経営者が口コミ代行を行う業者に依頼し、
②商品・サービスに関するサイトの口コミコーナーに口コミを多数書き込ませ、
③もともと口コミサイト上ではこの商品・サービスに対する好意的な評価はさほど多くなかったにもかかわらず、
④商品・サービスの品質などについてあたかも一般消費者の多数から好意的評価を受けているかのように表示させること

と、より具体的に記載されています。

特に①②の「口コミ代行業者に依頼して、口コミを多数書き込ませ」の部分で、第三者のユーザーだと偽っているところが悪質に感じますね。
(なによりも、ステマをやっている業者そのものが一切外に出てくることがないのも、この事例の特徴的なところですね。)


とはいえ、どこまでがグレーかの線引きは難しく、一般にテレビや雑誌などの取材は昔から、少なくない範囲で『記事広告』だったわけです。

記事広告(きじこうこく)とは、一般に新聞・雑誌などにおいてPR内容が通常の編集記事とよく似た体裁で編集されたペイドパブリシティ(paid publicity)の一種。(Wikipediaより)


無料のタウン誌だって、ほとんどの記事はお金を払って載せているものですし、出版元の名前を出して記事を書くからには、それなりの記事品質(現実から大きく乖離しすぎない程度の記事)を編集者も心がけるでしょう。
それを「ステマ」と呼ぶべきかどうかは、ちょっと違うかなぁという気が致します。

逆に、そういったところも、金に目が眩んで事実と大きく異なることを伝えようとすると、それはメディアとしての品位を問われることになりますね。

ただ一つ言えることは、可視化が進んだ現在においては、下手に悪いことに手を染めず、「素直に良い商品・サービスを作る」に注力することが、誰もが得する方策といえるかもしれません。
(と同時に、良い商品を作るだけで売れるとは限らない時代だから、マーケティングを勉強する価値も高まるわけなのですが。)

theme : マーケティング
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

PayPal Hereが国内でも利用できるように

あまり騒がれていませんが、個人的に「決済の仕組みと業界を大きく変えるかもしれない」と思っているニュースが発表されました。

以前、このブログでも紹介した、「PayPal Here」です。
PayPal Hereはスマホ利用のカード決済サービス | ITコンサルタント日記

iPhoneの音声ジャックに差し込む読取機(1200円程度)を購入するだけで、手軽にクレジット決済を行う端末に変わるというものです。

それが、なんとソフトバンクと組んで、50%ずつのジョイントで「PayPal Japan」を設立し、「PayPal Here」を日本で展開するそうです。
ソフトバンク出資の PayPal Japan 設立へ、PayPal Here を国内展開 - Engadget Japanese

ただ、国内の場合は、海外の決済手数料(2.7%)ほど安くなく、5%ということなので、劇的に安いとは感じることはできません。
(このあたり、他の決済ASPに配慮したと見るべきか、商売上手と見るべきかは判断が分かれるところです。)

ただ、こういった高機能なモバイル端末に、ガジェットを追加するだけで様々な機能を持たせるというのは、今後も流行ると思いますし、その1例としてもっとも分かりやすいものだと思います。

屋台や即売会、フリーマーケット、その他被災地などインフラが不十分なところでも、携帯の電波さえ来ていればクレジット決済が可能となれば、アイデア次第で利用用途はいくらでもありそうです。

この動き、要注目です。

theme : ハードウェア
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

Amazonの「Facebookシェア」のキャンペーン

今ちょうどやっている、Amazonの「母の日・父の日ありがとうキャンペーン」が、Facebookを活用したキャンペーンとしてわかりやすかったのでご紹介します。

Facebookでシェアしてプレゼントが当たる!『母の日・父の日ありがとうキャンペーン』

簡単にいうと、

・AmazonのFaceoobkページで「いいね!」ボタンを押して、エントリーフォームに連絡先情報を記入するとエントリー完了。
・Amazonの「母の日ストア」「父の日ストア」から、気に入った商品のFacebookシェア」ボタンを押すと、応募完了。

ということになります。

キャンペーン応募者は、抽選で200名様に総額100万円相当のプレゼントが当たる可能性があるので、当然やる人もいるでしょう。
でも、Amazon側も上の太字にしたところで分かるように、ソーシャルメディアを介した口コミという意味では、会社としてのメリットもかなりありそうです。

Facebookを使ったキャンペーンは、こういったプレゼントを絡めるとWin-Winで盛り上がったりしますね。

(でも、その後、ソーシャルで長くファンを続けてもらえるかは別問題です。それはまた別の顧客維持のための施策が必要ですね。)

theme : Webマーケティング
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング Facebook

ソーシャルゲームバブルは崩壊するか?

現在、ソーシャルゲーム関連の企業が揺れに揺れています。
株価もご覧の通り。

Yahoo!ファイナンス - 株式ランキング(マーケット関連)

事の発端は、「コンプガチャ」と呼ばれる仕組みで、射幸性が高く、ゲームユーザーはついついお金をつぎ込んでしまうため、気がつくと高額の請求になっていることも多かったのです。
具体的な仕組みについては、↓の記事に詳しいです。

ソーシャルゲームの「コンプガチャ」の仕組みとは - CNET Japan

ただ、あまりにもギャンブル性が高く、先日、消費者庁が規制に動くのではないか、という報道から噂が一気に流れました。

ソーシャルゲームのコンプガチャにメス--消費者庁が規制へ - CNET Japan

現在、消費者庁は一旦報道を否定する流れになっていますが、とはいえいつ規制が入ってもおかしくないと言われいて、現在対応が検討されています。
(ゲーム会社がプロ野球の球団を買えるくらいには儲かっていました。)

ソーシャルゲームを全くやらない人にとっては、何のことだかさっぱりわからない今回の件ですが、コンプライアンス軽視の景気の良い産業の1つが、いきなり崩れてしまうという事象ははっきりと認識できたかと思います。

ただゲームビジネスそのものが悪いというわけではなく、あくまでも「コンプガチャ」だけの規制の話ですし、海外にも輸出可能な有望な産業ですので、うまく解決の方向に進んでほしいと思います。

追伸
この機にあわせて、ソーシャルゲーム会社に返還訴訟を求める動きもあるようですが、それは如何なものでしょう? ゲームを遊びすぎたのでお金返せ、はなかなか難しいように思いますが。(子供が知らないうちに1月で大金をつぎ込んでしまった、とかならまだ交渉の余地はあると思います。それでも金銭感覚がよくわかっていない子供に、課金可能な携帯電話を渡すことは、子供にクレジットカードを渡すくらい危険なことなのでは?)

theme : 企業経営
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング ソーシャルゲーム

「ITコーディネータ活用事例集vol.8」に掲載

GW明けで何かと仕事が溜まっているので、今日は短めで。

私事ですが、以前、中小企業のIT入門マガジン「COMPASS」に掲載された事例が、再度「ITコーディネータ活用事例集vol.8」として掲載されましたので、お知らせします。

ITコーディネータ活用事例集vol.8 - 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会

様々な業種、業態のIT活用事例が載っているので、読むだけでも参考になるところが多いのではないかと思います。

theme : お仕事日記
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

Dropboxのアップロード速度を高める方法

ああ、知りませんでした。Dropboxのアップロードに制限がかかっていたなんて。

知ってた? Dropboxの同期速度を簡単にスピードアップする方法 : ライフハッカー[日本版]

↑の設定をすると、たしかに速くなっている気がします。

私はデザイナーさんとGB単位のファイルをやりとりすることもあり、Dropboxのファイルのアップロードの遅さが気になって、別のファイル転送サービスを使うこともありました。

でも、これならDropbox一本に絞ってもいいかも…?

意外と身近で知らないこともありますね。(笑)

追伸
DropboxのPublicフォルダでなくても、右クリックから「リンクの取得」ができる機能と組み合わせると、ますます便利ですね。
Dropbox、「リンクの取得」機能で非ユーザーとのファイル共有を可能に

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング Dropbox

携帯電話とタブレットのいいとこどり「プラスXi割」

GWに入る前の発表で、すっかり私も紹介するのを忘れていましたが、NTTドコモがなかなか面白いキャンペーンをやっています。

報道発表資料 : 「プラスXi(クロッシィ)割」キャンペーンを提供開始 | NTTドコモ

簡単に説明すれば、従来型の携帯電話(FOMA)を契約している方が、タブレット端末を1台追加すると2年間2,000円安く契約できる、というものです。

今までも、スマートフォンに、プラスもう1台タブレット端末で割安キャンペーンというのをやっていましたが、

「Androidタブレットが便利そうだから使ってみたい。だけど、今までの携帯電話もそのまま使いたい。」

というユーザーの声に応える格好のサービスです。

実際、音声通話中心の利用なら従来型携帯電話(フィーチャーフォン)のほうが使い勝手が良かった、という方も中にはいらっしゃいます。
その場合、無理にスマホ移行するのではなく、データ端末用に新たにタブレットを1台用意するというのは、ある意味理にかなっていると思います。

ドコモのXi契約が月額3,980円なら、他の通信会社のLTEやMVNO系サービスと比較しても競争力がありそうです。

(とはいえ今後「メイン端末のスマホ化」はどんどん進む状況になってきているので、「タブレット端末でAndroidに慣れてから、メイン端末をスマホに変える」というのもアリかもしれませんね。)

theme : NTT DoCoMo
genre : 携帯電話・PHS

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング 携帯電話 Android

「Windows Live」ブランドがなくなることに

一時期、マイクロソフトはOSを軽くして、必要なものだけダウンロードをするという「Live」ブランドの浸透を図ろうとしていました。
・・・が、Windows 8からはその流れをまた元に戻そうという動きがあるそうです。

Microsoft、Windows 8で「Windows Live」ブランドを消去へ (ITmedia ニュース)

アドレス帳「Windows Contacts」→「People」
メッセンジャーソフト「MSN Messenger」→「Messaging」

などなど、ソフトと名前の統廃合が進むようです。

これ、毎回思うのですが、マイクロソフトのネーミングセンスが微妙ですよね。
同じことができるソフトなのに、微妙に名前が違ったり、互換性があったりなかったり。

ユーザーが戸惑う原因を作っているのは、実はマイクロソフトなんじゃないか、と思ったりします。
(1個1個のアプリケーションそのものは悪くないのに、全体として微妙感が漂うのは、マイクロソフトの悪い癖かも?)

今後は、Windows 8のUI同様、シンプルでわかりやすい方向性を目指してもらえばなぁと思います。

theme : Windows8
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング Windows8

Facebookの利用に対する調査結果

Facebookに投稿するタイミングを、ユーザーの利用用途から判断しようという調査結果がありました。

【図表】Facebookのウォール投稿タイミングを決める前に見たい7個の調査結果|ユーザーはいつ?どのデバイスで?どういう使い方をする?

Facebookは、
・休日も平日も同じくらい使われている。
・家でゆっくりしながら、自宅PCを使って利用する。
・「出社前」か「帰宅後から就寝前まで」が使われやすい。
とのことです。

Twitterに比べるとやはりリアルタイム性が薄れる(「書きため」しやすい)ようですね。

theme : Webマーケティング
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ