重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

消費税増税の対策でベンダーが深夜の臨戦態勢

消費税5%の最後の日、打ち合わせで移動のために駅に行くと、今まで見たことのないくらい長い「定期券発行待ち」行列が出来ていました。
駅構内から飛び出して、道路まで行列って・・・。いったいどのくらい待てば定期券がもらえたんでしょうね。

さて、消費税増税で完全に戦闘モードなのが、オンライン販売系のシステムを運用しているサービス事業者&ITベンダーです。

サービス事業者にしてみれば、3/31から4/1に変わった瞬間に消費税8%にシステムが変わったか確認したいところですし、ITベンダーとしては8%への切り替え失敗となれば、クライアントに3%分の機会損失を与えることになるので、お互い真剣です。

まぁ、こういう神経質すぎるところが、日本の良いところでもあり、悪いところでもあるのですが…。

そのため、今日は夜遅くまでITベンダーが控えているところが多いでしょう。

うまく切り替わらなかったとしても、あんまりいじめないであげてほしいなぁと思うのは、私が元プログラマ出身だからでしょうか。(笑)

夜遅くまで働く皆様、ご苦労さまです!

スポンサーサイト



theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

tag : 消費税 ITコンサルティング ITコンサルタント

広島のスマホセミナーがITmediaに掲載されました

先月、広島で開催されたスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを活用するセミナーに、ITコンサルティングのクライアントである株式会社オアシスの澤社長と一緒に講師として参加し、その模様が ITmedia 誠 Biz.ID に掲載されました。

テーマ:成功企業に学ぶ “仕事に効く、スマホ導入の極意”
日 時:2014年2月21日
場 所:広島市文化交流会館
主 催:ITmedia 誠 Biz.ID編集部

広島の前に横浜でも開催されたそうで、全国的にも有名な山崎文栄堂さんが登壇されています。

誠 Biz.IDセミナーリポート:中小企業を元気にするスマホ導入の極意――成功企業の社長に聞いた (1/3) - 誠 Biz.ID

広島のほうでは、誠Biz.ID編集部の皆さんやオアシス澤社長とは、もっと身近に感じられるIT活用、特にアナログな会社でも活用ができるんだよ、という親しみ感のある講演内容にしていこうと企画を話をしていました。
その内容が、下記3ページから掲載されています。

誠 Biz.IDセミナーリポート:中小企業を元気にするスマホ導入の極意――成功企業の社長に聞いた (3/3) - 誠 Biz.ID

記事にあるとおり、どうやって従業員に「これは便利なツールだ」と積極的に活用していこうという機運が作れるかが、大きな鍵になります。

また、山崎文栄堂さんもオアシスさんも、いわゆるよくある「製造業の業務標準化による効率化」ではなく、どちらかといえば「おもてなしに近い非定型の業務向上」に使われている点も、非常に面白いです。

ご興味ございましたら、ぜひ記事のほうを読んでみてくださいね。

theme : ITコンサルタント
genre : ビジネス

tag : セミナー ITコンサルタント ITコンサルティング ITmedia 誠Biz.ID

AtermMR03LN(PA-MR03LN)レビュー

外出先で仕事用に使っているWiMAXが契約更新時期になっていたので、モバイルWi-Fiルータと、そして思い切ってキャリアを変更することにしました。

というのも、以前使っていたWiMAXは RaCouponWiMAX (旧シェアリーWiMAX)で、コストパフォーマンスに優れていたのですが、1年更新だったものが今は2年更新になってしまいました。

RaCouponWiMAX (旧シェアリーWiMAX) 1980円~/月 2年

せっかくWiMAX2+という新規格が出ているので、そちらも検討しましたが、まだ今はWiMAX2+が思いっきり使えるほどエリアが広くないだろう、ということで、ドコモLTEのMVNOにしました。

結果、↓のセットを購入することにしました。

・モバイルWi-Fiルータ NEC AtermMR03LN(PA-MR03LN)
・OCNモバイルONE LTE

【3/28以降出荷予定】AtermMR03LN【OCN モバイル ONE マイクロSIMセット】

AtermMR03LN【OCN モバイル ONE マイクロSIMセット】
価格:23,000円(税5%込、送料込)


↑人気みたいでよく売り切れています。ですが、申し込みを早めにしておけば、早く届けてくれるようです。

ここでは、以前使っていたWiMAX Mobile CubeとAtermMR03LNの使い勝手の違いを中心に、レビューしていきたいと思います。

■大きさ:Mobile Cubeの勝ち

AtermMR03LN(PA-MR03LN)レビュー1

写真で見ていただくとわかるとおり、Mobile Cubeの圧勝です。ここまで小さいモバイルWi-Fiルータもあまりありません。
ただし、薄さはMR03LNのほうの勝ち。ただし、見た感じは圧倒的にMobile Cubeのほうがインパクトがあるはずです。

AtermMR03LN(PA-MR03LN)レビュー2

■重さ:Mobile Cubeの勝ち
・MR03LN 105g
・Mobile Cube 69g
なので、Mobile Cubeの勝ち。
ただし、持ってみた感覚としては「ん?ちょっとMR03LNのほうが重いかな?」くらいで、この大きさにしては逆に軽く感じられます。むしろ、LTEルーターでこの大きさ・重さに抑えたNECの技術力に驚かされます。

■バッテリーの持ち:MR03LNの勝ち
・MR03LN 約12時間
・Mobile Cube 約10時間
なので、MR03LNの勝ち。とはいえ、10時間を超えてくれば、1日持ち歩いてもだいたい平気です。

■視認性の良さ:引き分け
ここはどちらも良さを感じました。
Mobile CubeはLEDのみですが、電源、WiMAXの電波強度、Wi-Fiの強度が、LEDですぐにわかります。
それに対し、MR03LNは液晶で、様々な情報が得られます。
特に、MVNO系で重要な「今月○MB使った」という情報がすぐに得られるのは、とてもよく考えられています。
ただし、逆に液晶のデメリットとして、画面が一定時間経つと消えてしまうので、電波強度などを確認したければ、電源ボタンを押さないといけません。

■機能の豊富さ:MR03LNの勝ち
これはもう比べようもありません。MR03LNはIEEE802.11aにも対応していますし、Bluetoothにも対応しています。
それに対し、Mobile CubeはIEEE802.11bのみです。
ただ、実使用上でIEEE802.11bで困ったことはありません。その理由は実効の通信速度にあります。

■通信速度:引き分け
ここは意外な結果でしたが、WiMAXとLTEでは、LTEのほうが断然速くなるだろう、と期待していましたが、実際は実測で3~8Mbps程度で、どちらもあまり変わりませんでした。
もちろん、場所によってはLTEのほうが速いな、と感じることのほうが多かったですが、それでも劇的なまでの速さにならなかったのは意外でした。

■通信エリア:MR03LN(というよりドコモLTE)の勝ち
これを比較するのはWiMAXが可哀想ですが、ドコモLTEのほうがどこでも安定して使えました。これはWiMAXの規格上、どうにもできないところがあるのですが、普通の利用者にとってみれば「繋がるか、繋がらないか」だけが大事であり、ここはLTEに軍配を上げざるを得ません。

■価格:引き分け
コストパフォーマンスという意味では、どちらもかなりメリットがあります。
WiMAXの2年契約だと、だいたいルーター代が無料というところが多いです。ただし、2年縛りなので、解約のタイミングとかが煩わしいです。
それに対し、LTEのMVNO系だとルーターは自分で買って、その代わり契約の種類が豊富で、縛りもなし、というところが多く、自由度が高いです。
加えて、OCNモバイルONEは、毎月自由に契約プランを変えられるのも、なかなかポイント高いです。
結果、月額のコストで考えてみると、どちらも良い勝負かな、という印象があります。


いかがでしょうか? あくまで私の主観と、端末&回線の混合比較なので、純粋な比較ではありませんが、ユーザーが感じるトータルでの使い勝手という意味では参考になりますでしょうか。

なお、比較が難しいところとして、家のルーターとして24時間使う場合はWiMAX(WiMAXは上限なしなので)、外出先でどこでも安定して接続したいという場合にはドコモLTEのMVNO(但し上限が決められていることが多い)など、用途に応じた使い分けが必要なところもあります。

ここ1週間ほど、Aterm MR03LNを使った今の私の感想としては、
・Mobile Cubeは必要最低限が収まった名機だった
・MR03LNは機能豊富でこの軽さ、名機になれる予感
といったところです。

今時点でのベストバイは、AtermMR03LNで決まりかな、と感じています。

theme : MVNO(仮想移動体通信事業者)
genre : 携帯電話・PHS

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング Aterm MVNO

iPad版Officeが発表、日本語版はもう少し後

マイクロソフトのCEOがスティーブ・バルマー氏からサティヤ・ナデラ氏に変わって、どういう風にマイクロソフトを変えていくのかと注目されていたのですが、出てきた答えの1つがこれです。

マイクロソフト新CEO、iPad版Officeを発表。事業改革を加速(本田 雅一) - 個人 - Yahoo!ニュース

上記記事では、iPad版Officeが発表されると同時に、その背景まで説明してあります。

簡単に言えば、マルチデバイス化の加速と、パッケージ型(買取型)ソフトビジネスからサブスクリプション型(利用継続型)ソフトビジネスへのシフトでしょうか。

マルチデバイス化については、もはやiOS、Androidの端末数の多さをみると、もはやWindows端末だけで勝負するのは明らかに不利益になってきていたところです。

もちろん、マイクロソフトのSurfaceに代表されるWindowsタブレット陣営の強み(Officeがそのまま使える)が薄まることでもありますから、社内でも相当慎重論が出たはずなのですが、ついにiOS版も出す、というのは大きなポイントかと思います。

また、ソフトをパッケージで買うというのはもはや古いビジネスになってきています。
デザイン業界では必須であるAdobe社がパッケージソフトを完全に終了させたことも記憶に新しいところです。

ちょっと昔のPCユーザーなら想像できないかもしれませんが、今の若い人は「えっ、アプリをネットから買う以外の方法があるの?」というくらい、意識に差があります。(苦笑)

日本ではWindowsにプリインストールされるOfficeというのが人気がありますが、それも、Office365の登場で、少しずつ変わっていくのかもしれませんね。

これでマルチデバイス時代でのMS Officeのプレゼンスは維持できるので、そのほかのマイクロソフトとしての新しい戦略にも期待したいところです。

theme : アプリケーションソフト
genre : コンピュータ

tag : マイクロソフト ITコンサルタント ITコンサルティング

ポテトチップスのTwitterキャンペーン

カルビーのポテトチップスのTwiiterキャンペーンが、ソーシャルメディアの特徴を捉えているなぁと関心して見ています。

ポテトチップスひとふくろキャンペーン | カルビー株式会社

5万名様に、ポテトチップスが「その場で当たる」キャンペーンをやっています。

お菓子を、その場で、というのが新しいですね。

仕組みとしては、応募ボタンを押すと、Twiiterアカウントのアプリ連携の認証の仕組みを利用して、応募した人を取得します。
また、当たりが出たら、セブンイレブンで交換できる仕組みとなっています。

(ここで一点注意として、よく占いサイトとか衝撃映像とかでアプリ連携の認証を求めてくることがありますが、信頼できないところと安易に連携してしまうと、例えば自分のアカウントで勝手にツイートされるなど思わぬ不正な使われ方をされてしまうことがありますので、注意しましょう。)

さて本題に戻り、カルビーのキャンペーンサイトでは、応募した人が誰と食べる?などの生のツイートを流したり、Vineの動画による「一緒に楽しく食べよう」というイメージ作りなど、上手に楽しさをアピールしています。

また、Twitterでは情報拡散のスピードも速いので、いろんな客層にリーチすることもできそうです。

Twitterのフォローしている同士でポテトチップスに関する話題などもユーザー同士で勝手にやってくれたら、まさに狙い通りですよね。(こうやって私が記事にしていること自体が、情報拡散の一助になっていると思いますし 笑)

上手なインターネットとリアルとを結んだキャンペーンの例ですね。

theme : Webマーケティング
genre : コンピュータ

tag : Twitter ITコンサルタント ITコンサルティング

イオンのO2Oに関する検証が興味深い

イオンのO2Oに関する検証が、実に興味深いです。

イオンのO2Oは効果があったのか? Eコマース事業最高責任者が考えた8つの仮説と結果 |ビジネス+IT

1.「店があることは競争優位性の源泉だ」
    →イエスともノーも言い難い。

2.「来店が難しいお客さまがネットで購入する?」
    →オンラインで買い物をする顧客は、ほとんどがショッピングモールの近隣に住むユーザーだった。

3.「ネットスーパーは働くママがよく使うに違いない」
    →ほとんどが子育て主婦、専業主婦だった。

4番目以降は会員登録しないと読めないので割愛しますが、とても納得感のある内容になっています。

特に、主婦層のスマートフォンとガラケーに対する価値観は、実はまったく同じことを私も考えていたのですが、逆に「リアル店舗による巨大な実売データを抑えているところは強いな」とも感じました。

また、オムニチャネルに対するコスト増と売上増、どっちが上回るかは、これは各社の戦略によって大幅に変わりそうな感じも受けました。

これから新たにO2Oに取り組もうと考えておられる担当者さんは必見の記事です。

theme : Webマーケティング
genre : コンピュータ

tag : O2O ITコンサルティング ITコンサルタント

消費税増税&XP特需のパソコン業界

いよいよ期末ですね!
今年度の仕事はやり終えて、新年度にあわせて体制を整えている会社が殆どではないでしょうか。

ところが、今が一番特需を迎えているところがあります。

パソコン販売業界です。

たとえば、DELLを見てみますと、
「【納期について】ただいま、大変多くのご注文いただいており、お届けまで通常より時間を要しております。」という表記が目立つ位置に書いてあります。

お届けスケジュール | Dell 日本

通常納期期間に加え、10~14日以上の納期がかかってしまいますとのアナウンスが。

実際、注文した私のクライアントさんの話では「もう随分前に注文したけど、全然来る気配がないよ」とのことでした。

これは、消費税増税に加え、WindowsXPからの移行という、2つの特需によるもののようです。

今からPCを購入しようと思っていた人は、店頭購入などのほうが良いのかもしれませんね。

theme : Windows
genre : コンピュータ

tag : XP移行 DELL ITコンサルタント ITコンサルティング

これぞタブレットの操作性「トレタ」

飲食店向け予約アプリを何回か紹介していますが、これぞタブレットの操作性、というアプリをご紹介します。

お店の予約を、まるごとタブレット1台で。 | トレタ

↑のサイトで紹介されている動画みるとわかりやすいのですが、とても簡単に、いかにもタブレットライクな操作性で使うことができます。

なぜこれができるかというと、動作環境をiPadに限定して、専用アプリ(Webサービスではなく)を用意しているからだと思います。

そのため、iOSのバージョンが上がった直後は不具合があったようですが、今度のバージョン2.0.0で直っているようです。

なおかつ、「顧客台帳機能」が追加されています。
この機能が欲しかった、という店舗さんも多いのではないでしょうか。

先日の「Airレジ」といい、「ユビレジ」といい、タブレットの業務用アプリが次々と出てきますね!

theme : タブレット端末
genre : 携帯電話・PHS

tag : タブレット ITコンサルタント ITコンサルティング

4Kモニタが7万円を切る値段でDELLから発売

気軽な話題で。
DELLから、4Kモニタが7万円を切る価格帯で発売されました。

デル、4K解像度の28型液晶「P2815Q」の直販開始 - 69,980円 | マイナビニュース

記事一番右下、Excelの表は見ると文字が小さすぎて笑えてきます。(笑)

TN液晶なので、発色はいまいちだと思いますが、思わず「モニタは広大だわ」とどなたかの名言をパクりたくなります。

なんと今日現在、Amazonでも在庫がありましたよ。

Dell¥ 69,980


theme : ハードウェア
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

電王戦にみる棋士・プログラマそれぞれのプライド

今やっている、将棋電王戦はご存じでしょうか?
私はこれが毎回楽しみで楽しみで仕方ありません。(このブログでも過去何回か将棋プログラムのことを書いてますが 笑)
自分が将棋好き小学生だったのと、中学からプログラマなので、余計に思い入れがあります。

今回の第3回将棋電王戦は5番勝負で、棋士はそれぞれ違うプログラムと対戦します。

将棋電王戦 HUMAN VS COMPUTER | ニコニコ動画

特に、第二局の佐藤紳哉六段vsやねうら王は、面白トークやカツラネタで笑わせてくれるサトシンさんの本職真面目将棋モードと、もう一方の「局後学習」機能に特徴があるやねうら王、どちらも色モノ対決(?)での楽しい将棋になりそう、と思っていたら、とんでもない展開に。

電王戦第2局「やねうら王」は旧バージョンで ドワンゴ川上会長「誤った判断だった」と特例撤回(1/2ページ) | ニコニコニュース

今回の騒動を簡単にまとめれば、

・プログラマが、対局中のフリーズ(完全停止)を含むバグを発見した。そのため、本番中でのフリーズを恐れた。(また運営側もそれを恐れた)
・結果、本来認めてはいけなかったデバッグを運営側が認め、やってみたら強くならないはずのソフトが強くなってしまった。
・ソフトの棋力が変わったことによって、佐藤六段の研究が無駄になった。結果佐藤六段が怒りモードへ。
・競技の結果、運営側・将棋連盟が強くなったソフトで戦うことを認めた。
・PVではプログラマ側が圧倒的に悪者になるように誇張表現され、プログラマが叩かれる展開になった。
・…が、結局元のソフトで戦うことになった。

ということです。(全然簡単じゃないですが)

いやぁ、動画の編集の怖さってすごいですね。
あのPVを見ただけでは、どう考えてもプログラマのやねうらお氏が一方的に悪いようにしか見えない。

そのため、やねうらお氏のブログは大炎上。というより将棋ファンからの袋叩き。
やねうらお-俺のやねうら王がこんなに弱いわけがない。 (第2期)

しかし、氏の弁解&反論(3/15のブログ)を良く読むと、プログラマならではの矜持も見えてきます。

自分のプログラムに欠陥(フリーズしたり、明らかに誤って算出された弱い手を打ったり)を発見して、それを運営側に伝え、いくつかのプランを伝えて、どうしましょうかと連絡しています。
(最初は元バージョンで戦い、フリーズしたときのみ新しいバージョンに差し替えて対戦プランなど)

まぁ、アレですね。大事な一大イベント、今回は大勢が閲覧する将棋イベント用プログラムですが、例えばこれが飛行機の制御プログラムとかで「1万フライトに1回はバグりますがいいですか?」と聞かれて、乗る人はいないですね。
(実際の飛行機は100万回フライトに1回墜落する程度の設計になっているそうです。)

結果、運営側も万が一に備えて、デバッグを認可したんだと思います。…が、結局その後のゴタゴタを殆ど(というか全部?)プログラマのせいにしてしまった。
興行的なリスクを恐れて自分達が作ったレギュレーションを自分達で破っておいて、それをプログラマに押しつけた恰好です。
対局前に運営から謝罪があったのには、そういう経緯があったのだろうと思います。

もちろん、プログラマとして、自分が作ったプログラムは息子・娘も同然で、バグを見つければ無料でも潰したくなるのは職業病のようなものですし、そのバグ発見の遅れ・バグ修正による想像以上の棋力アップによって運営側・棋士側に迷惑をかけたことについて謝罪されています。


また、佐藤六段側も同様に、棋士の矜持があります。
Aさんと戦うと思って棋譜を研究したりしていたら、いきなり直前にさらに強いBさんと戦うことになってた(しかも一大イベントで)、となったら、そりゃ怒りますね。
でも、棋士たるもの、相手が強くなったからと「じゃあ辞めます」と言えるわけもありません。全力で勝ちに行くつもりになっていたはずです。
ところが、またさらに直前にやっぱりAさんと戦ってもらいますとなってますから、モチベーションはガタガタになっていたはずです。
将棋は意外とメンタルな部分もあるので、今回は佐藤六段本来の力が出しにくい状況だったのではないかな、と思ってしまいます。

今回は、棋士・プログラマとも、お互いの矜持に従って、最高の力を出そうとして招いた悲劇だったと思いますが、皆さんの感想はいかがでしたでしょうか。
私の素直な感想は、運営のPVはちょっと一方的すぎて卑怯だと感じましたし、まだ運営側がこういった大会を仕切り慣れていなかったための騒動だったのではないかと感じています。今後回を重ねていくにしたがって、良い運営をされることを切に願っています。


追伸
堅い話になってごめんなさい。
最後に今回の電王戦のアイドル、「電王手くん」をご紹介します。
すごいぞ、デンソー!


きっちり、大橋流で並べます。
ちゃんとおじぎもします。(かわいい!)


theme : 将棋
genre : 趣味・実用

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

「Airレジ」と「freee」が連携

おっと、攻めてきましたね!

先日、当ブログで紹介したばかりの無料POSレジ「Airレジ」が、クラウド会計「Freee」と提携を発表しました。

無料POSレジ「Airレジ」とクラウド会計「freee」が連携へ -INTERNET Watch

そのやり方は、「自社で全部を作る」というより、「それぞれのサービス同士が連携する」という方法で素早く実現しよう、ということのようです。

これは、今までなかなか小規模企業・個人事業主の店舗ではできなかった、予約からオーダー、レジに会計までを横断する、トータルアプリに成長する可能性が出てきました。

なにせ相手がリクルートですから、他社もうかうかしていると一気に持って行かれるのではと心配しているはずです。
この分野も、今年は激戦が繰り広げられそうですね。

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

ゆうちょ銀行でFirefoxが使えない理由を教えて!

先日、クライアントさんとの雑談の中で出た話で、
「どうしてFirefoxだとゆうちょ銀行が利用できないの?」
というのがありました。

そういえば、昨年からずっと使えない状態が続いていました。

公式な発表としては、

2013年11月05日 Firefoxによるゆうちょダイレクトの一時利用停止について

がありますが、正式な理由は書かれていません。

「本日(2013年11月5日)からしばらくの間、Firefoxによるゆうちょダイレクトのご利用を停止しております。」という文面があるとおり、対応しようという意志があるのかもしれませんし、5ヶ月程度はゆうちょ銀行にとっては「しばらく」の間に含まれるのかもしれません。

さて、原因が明記されない状態でのFirefox一時停止でしたが、どうやらネット上の噂では「PhishWallプレミアム」というアドオンがFirefoxに対応していないからではないか、という噂が流れています。

不正送金対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」

たしかに、昨年11月時点ではそうだったのかもしれませんが(未調査です、どなたかご存じありませんか?)、実は現時点では、ゆうちょ銀行自身がアナウンスしている「PhishWallダウンロードページ」にFirefoxを使って飛んでみると、

ゆうちょ銀行のお客様専用PhishWallクライアントダウンロードページ

なんとFirefox版がダウンロードできます。

PhishWallダウンロードページ(Firefox版)

「PhishWall」アドオンはFirefoxに対応してくれてダウンロードできるのに、公式サイトがFirefoxに対応していない(というかUser-Agent見て止めてるだけ)、という何ともおかしな状況になっています。

この対応を見ても、ゆうちょ銀行自身が、本気でセキュリティに意識を向けているのかな?と疑いたくなります。

せめて、止めるなら止めるで、理由を書いてもよいのではないでしょうか。(もし、11月時点でアドインの問題ではなく、インシデントが発生していたから理由が書けなかったのだとしたら、その旨を記載してくれないとユーザーにも他金融機関にも何の参考にもなりません。)

そこで、もう一度タイトルに戻ります。
「ゆうちょ銀行でFirefoxが使えない理由を教えてください!」


追記:
2014/7/7より、Firefoxでゆうちょ銀行が使えるようになりました!
お知らせ「Firefoxによるゆうちょダイレクトの利用再開について」-ゆうちょ銀行
理由書いてないですが(泣)、対応ありがとうございます!

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : セキュリティ ITコンサルタント ITコンサルティング

中小企業のIT投資は公的制度活用すべし

ノークリサーチさんが、中堅の中小企業のIT投資についての調査を発表されていました。

2014年中堅・中小企業におけるIT投資支援制度の活用実態に関する調査報告(PDF)

この資料によると、

・公的機関が創設する税制優遇や補助金
・ベンダや販社/SIerによるソフトウェアを対象としたリースやレンタル

が、利用頻度が高い支援とのことです。

特に、来年度に拡充される中小企業投資促進税制の拡充・延長による最大10%の税額控除や、生産性向上設備等投資促進税制。ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金など使いやすいものが沢山あります。

ITベンダー側も、リースやレンタルと組み合わせて、導入促進を手伝っていくことも重要かもしれません。

また一方、クラウド型の所有しないIT活用のあり方についても、ITベンダー側で考えていく必要がありそうです。

無理して高いものを買わせる(所有権を与える)より、継続的に長く付き合う(利用権を持たせる)ほうがトクだと考えるベンダーも出てくるでしょう。
このあたりは、各社ベンダーの戦略によって分かれてくるかと思います。

また、ITコーディネータとしての視点としては、

・どの支援制度が自社に最適なのか判断できない 29.2%
・支援を受けるための必要な手続きが煩雑である 26.2%
・支援を受けるための条件を満たすことが難しい 19.4%
・どのような支援制度があるかを知る手段がない 17.7%
・必要ないIT投資を無理に薦められる恐れがある 12.8%

といったユーザー企業の不満に対し、適切に応対していくことが必要になってくるかと思います。

国の支援策、ベンダー企業、ユーザー企業がWin-Win-Winとなるように、上手に橋渡しをしていきたいですね。

theme : マーケティング
genre : ビジネス

tag : 市場調査 ITコンサルタント ITコンサルティング

中小企業が目指すべき「メイド・イン・ジャパン」

J-Net21の記事が興味深かったので、ご紹介します

奈良から世界に輸出するメイド・イン・ジャパン-「メリヤス針」シバタ製針|JAPANブランドで新市場に臨む|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

メリヤス針で、世界のブランドとして認知されているという話です。
現在は、生産の7割が海外向けということで、活路を見いだされているとのことです。
とても参考になります。

私は、この方面での中小企業の「メイド・イン・ジャパン」といえば、トーホーさんを思い出しました。

グラスビーズのトーホー [TOHO BEADS]

いずれにしても、他社が・世界が、真似できないものを作り、ブランドとして確立することがポイントだと思います。

ぜひ、もっと多くの企業がジャパンブランドを世界に発信していってほしいですね!

theme : 中小企業の経営
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

引っ越し予定だけども自宅の固定回線がほしいとき

先日、とある公的支援機関先の担当者との雑談の中で、
「引っ越しするかもしれないんですけど、自宅のインターネット固定回線がほしいんですけど、何かいい方法知りませんか?」
と聞かれました。

どうも、ソフトバンクの4G回線を契約しようとしたら、自宅で使っている通信量が10GB/月くらいで、容量制限にひっかかって使いにくいかもしれませんよ、と言われたとのことでした。

実はそのとおりで、ドコモ/au/ソフトバンク等のモバイル回線は、上限7GB程度で速度制限がかかるため、それを超えると急激に速度が低下して使いづらくなります。
(自宅のPCから、動画などの大きめのコンテンツダウンロードやSNSやゲームなどの常に通信が発生するサービスを常時利用していると、あっと言う間に7GBを超えてしまいます。)

また、引っ越し前提であれば、2年契約(2年縛り)の解約手数料を考慮する必要があります。

さて、そんなときどうすればいいかですが。


案1.モバイルWiMAXを使う
自宅がWiMAXが使える地域であれば、WiMAXを固定回線のように使うという手があります。
モバイルWiMAX 1980円~/月
WiMAX2+という新しい規格のほうは速いですが速度制限がありますので、通常のWiMAXを使います。
これだと、容量制限がなく、また速度も私の体感ですがおよそ3~8Mbps程度で安定しています。動画もほぼ問題ありません。
2年縛り契約ですが、そもそもモバイルWi-Fiルータなので、引っ越ししても(あるいは普段の外出使いでも)利用できます。
欠点は、使えないエリアもまだ残っている、ということでしょうか。


案2.Yahoo! BBの12Mプランを契約する
引っ越しするまで、とりあえずYahoo! BBの最安プランを使うという手もあります。
Yahoo! BB バリュープラン12M限定キャンペーン
今なら固定回線があれば1,265円/月、なければ2,857円/月です。
そして、肝心なことですが、解約手数料9,500円は最初からコストとして見込んでおきます。
うまくキャンペーンの乗れれば、1ヶ月無料などもありがたいですね。
欠点は、やっぱり実測ではWiMAX程度の速度になることも多いでしょうから、高速インターネットとはちょっと遠い(けどまぁ、使える)というところでしょうか。


案3.エリアの広いフレッツ光を契約しておく
これもオススメですが、NTT東西の、フレッツ光エリアで契約しておくという手があります。
引っ越しをすると、必ず解約手数料がかかると勘違いしている人も多いようですが、引っ越し先でも同じフレッツ+プロバイダが使えるのであれば、「継続利用」扱いとなり、解約手数料はかかりません。
お引越しをされる方へ|解約手続きについて|フレッツ公式|NTT東日本
これなら、安心して高速インターネットが利用できます。今、各社キャンペーンを用意していますから、月3000円程度で利用できます。
欠点は、2年後のキャンペーンが切れたときの料金が高いこと(その代わり高速インターネットの快適さから離れられなくなっていると思いますが)、引っ越し先が今契約しているフレッツ契約が使えない場合は諦めるしかないところですね。

theme : 問題と解決
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

「XP卒業するなら今でしょ!」

ちょっと気軽なネタで、面白かったので紹介します。

マイクロソフトが、
「かんたんすぎる最新パソコン、買うなら今でしょ!」
というキャンペーンをやっています。

WDLC カンタンすぎる最新パソコン、買うなら今でしょ!

今でしょの先生が出てきます。(笑)

企業で使うPCの場合、今から検討じゃあもう遅いでしょ!(笑)…なんですが、どうやら個人向けにPRするためのサイトのようですね。

サイトもそれなりに作り込まれてますので、買い替えメリットをよく知った上で、まだXPの個人ユーザーの方、消費税5%のうちに、買い替えるなら今でしょ!(笑)

theme : Windows 全般
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング WindowxXP 移行

ネット広告のフリークエンシーコントロール

Yahooがここ最近力を入れている、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で、フリークエンシーコントロール機能の追加が追加されました。

【YDN】フリークエンシーコントロール機能追加 | サポート情報 | Yahoo!プロモーション広告

ちょっと面白い概念で、1人のユーザーに対する広告表示回数を制限する機能のことです。

ユーザー側としてよく体験することとして、興味のない広告が出まくって、もういいよ(興味ないよ)というときがあります。
上限回数を制限することで、別の広告が出るのであれば(広告の善し悪しは別として)まぁいいか、という気になったりします。

広告主側でも、できるだけ興味のある人へ広告を届けたい(反応率も良くしたい)わけですから、意外とうまくいくかもしれません。
(まぁ、広告は見てもらってナンボなところももあったりしますけれども…)

フリークエンシーコントロールに限らず、ユーザーにも広告主にもWin-Winとなる配信方法が増えてくるのはいいことですね。

theme : Webマーケティング
genre : コンピュータ

tag : ネット広告 ITコンサルタント ITコンサルティング

国外からの無差別なサーバ攻撃が増えてきている

ここ最近、ITコンサルティングのクライアント企業さんからのサーバ関係のトラブルに関する相談が増えてきました。
調査してみると、大体が海外からの無差別なサーバ攻撃にさらされて、一時的にアクセス不可になってしまった、などが多いようです。

幸い、基本的なセキュリティ対策は施してあるサーバが多いので、侵入されたというクライアントさんはいないのですが、問題が発生する都度(つまり関心が高まっているとき)、毎回セキュリティに関するアドバイスを併せて行っているところです。

ところで、海外からの攻撃が増えているというのを裏付けるように、サーバ業界大手のさくらインターネットでは、以下のような案内文を出しました。

レンタルサーバサービスのセキュリティ強化(国外IPアドレスフィルタ設定)について | さくらインターネット

一言でいえば、
『攻撃されやすいところは最初から「国外IPアドレスフィルタ」をデフォルトで有効にしとくから、必要に応じて機能を無効にしてね』
ということです。うん、賢い。(笑)

基本、国内を相手にしたWebサイトを提供している契約者が多いでしょうから、まずそこは防いでおいて、海外からのアクセスも必要という契約者だけが設定を変える、というスタンスです。

このあたり、さすが専門業者がサーバを管理しているだけはあります。

逆に、自社でサーバを管理している会社では、自社でセキュリティ対応を行う必要があります。セキュリティ攻撃のトレンドを見誤ると、思わぬ侵入を許してしまうこともあります。気を抜かないようにしていきましょう。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : セキュリティ ITコンサルタント ITコンサルティング

三菱東京UFJ銀行のトップが斬新すぎる

いやはや、驚きました。

三菱東京UFJ銀行のネットバンキングを利用しようとページを開いたら、
↓の状態になっていました。

三菱東京UFJ銀行のトップページ

思わず、「うわ、本家サイトが乗っ取られて書き換えられたか!」と思いました。(^^;)

でも、これは本家のサイトそのもの。

ただ、偽メールが出回っているので注意してくださいね、という注意喚起が、斬新すぎる手法で目立たせてあっただけでした。

それだけ、ひっかかる人が多いのでしょうね。

でも、基本的に覚えることが1つだけです。

「金融機関は、メールからIDとパスワードを直接入力(変更)してくださいという案内は出さない」

ということです。

犯罪組織は「あなたのパスワードが漏洩したかもしれないので、再入力してパスワードを変更してください」など、言葉巧みなメールを送りつけてきますが、そんなことは金融機関のほうでは行いません。

ひっかからないようにしましょう。

どうしても心配な場合は、

・メールに記載されたURLが、本家サイトと同じであるかをよく確かめる。
 (後者は、HTMLメール等で偽装されていることもあるので、そもそも「クリックしない」ほうが正解です。)
・本家サイトに記載されている電話番号に電話をかけて問い合わせる。

などで補強しましょう。

それと、金融機関だけでなく、様々なサイトで、ポイント搾取、パスワード漏洩を狙った犯罪も多くなってきています。
あわせて注意しましょう。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング セキュリティ

パワーポイントの無料テンプレート

かなり以前に投稿した、

ビジネスで使えるパワーポイントテンプレート | ITコンサルタント日記

が、未だに人気です。
それだけ、パワーポイントのテンプレートを探している人が多いのでしょうね。

ちなみに、最近どんなテンプレートがあるのかなぁと思っていたら、まとめているサイトさんが結構ありました。
↓はその中でも比較的選びやすいかな、と感じたサイトさんです。

パワーポイントテンプレート無料サイトまとめ

ちなみに、私のブログのところでは、パワーポイントで使える図形をいっぱい紹介しているので、そちらもご覧になって下さい。(^^;)

theme : アプリケーションソフト
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング PowerPoint

ANAからパスワード変更してほしいという連絡

先日、ANAから、不正ログインによって第三者に勝手にポイントを使われる事件が発生しているので「安全なパスワードに変更してほしい」というメールが届きました。

しかし、Twitterなどで情報を仕入れていたとおり、そもそも安全なパスワードに設定するのが無理でした。

というのも、パスワードに数字4桁しか入れられないのです。

英字も、5桁以上も、全部だめです。

これで「安全なパスワードに変更」って、無理ですよね?

「iTunesギフトコードに交換するを停止」という措置は取ったようですが、この簡単なパスワードを一度突破されてしまえば、名前や住所など個人情報は見放題です。

以前からセキュリティ的に甘いのでは?、と指摘があったにも関わらず、今になっても直せていないのは、どういうことなのでしょうね?

今のところ、JALも数字6桁のままなので、どちらが先に対応できるでしょうか?
それとも、このまま続けるつもりでしょうか?

何とも心許ない航空会社のセキュリティの話でした。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング セキュリティ

弊社での「仕事の心得」

今日はちょっと変わったネタで、弊社でよくスタッフさんや外部パートナーさんにお願いしていること、心がけてもらっていることを書いていきます。


1.「チェックするまでが仕事」

仕事というのは、クライアント・上司・同僚から案件を依頼をされて、それをどのように処理・解決するかを考え、どういう手順で行うかを計画し、またそれを効率よく実行する、というのは当たり前のことだと思います。

…が、そこで仕事が終わりなのではなく、「チェックするまでが仕事」を合い言葉にしています。

例えば、何かの仕事を行ったとします。しかし、チェックを怠って、その仕事内容が誤っていたとしたら、いろんなところに迷惑をかけ、そのリカバリー作業(場合によってはクライアントさんへの状況説明なども含む)に余計に時間を費やしてしまいます。

結果的に、自分で先にチェックをした時間のほうが短く済みますし、仕事のクオリティも高まるものです。


2.「報連相」は「短く・早く・必要に応じて」

仕事の基本として「報・連・相」、つまり、報告・連絡・相談が大切です、というのは社会人になってすぐに習うことでした。

ですが、今の時代、私はそれにプラスして、「短く・早く・必要に応じて」を組み合わせるべきだと感じています。

例えば、私の考えを極端にした例として、下記のような記事があります。
報・連・相(ほうれんそう)を禁止せよ:日経ビジネスオンライン

ITが進化したのに、昔ながらに全部の仕事に「報・連・相」を長々とやるべきか、と疑問を投げかけています。

・報・連・相の禁止
・営業日報の禁止
・Ccメールの禁止
・営業用PCの禁止

といった、過激な対策が並んでいますが、もちろん全ての会社がそこまで劇的に変える必要はないとは思います。

ですが、必要な連絡事項をできるだけ素早く相手に伝える(場合によっては伝えなくてもいいものもあります)、その情報整理が大事だと思います。(情報の断捨離)

逆に、本当に連絡が滞って業務が停滞している場合には、2度、3度と相手にリマインドすることも必要です。

そういった意味で、「報・連・相」は「短く・早く・必要に応じて」ということなんです。

弊社では、1行で伝えれば良いことは、メールを廃し、チャットツールを使って即座に伝えることにしています。これでも十分です。

間違っても、上司の満足感のためだけに報告を増やす必要はなく、また部下の手抜きのために情報伝達の質を落としていいよ、という意味でもありません。誤解無きよう。


3.「お互いがお互いをフォローしあう」

以前、組織の縦割り意識(縄張り意識)が強すぎて、組織として硬直している状態を経験したことがあります。
自分のビジネス領域、部門、あるいは専門職として意識が強くなりすぎると、「意見が通らない」状態になりがちです。
でも、会社として「1つのチームとして働く」という考え方に沿えば、まったくナンセンスな話です。

それを防ぐために、自分の専門外であっても、
「○○さん、□□の件、どうなりましたか?」
「△△の件は、私は○○と思うのですけど、どうでしょう?」
とお互い声をかけあうことを推奨しています。

そうすると、お互いの考えが分かったり、仕事の漏れを減らしたりすることができます。
(仕事が忙しくなるときほど、抜け・ド忘れしていることも出てきますから、相互フォローは効果的です。)

専門外の人間が意見を出すと「余計な口出しかな?」と遠慮しがちですが、わざわざ時間を割いて言ってくれて、周りの人が気に掛けてくれていることが分かって嬉しいものですし、「素人の意見こそ大事」ということもあるので、弊社では推奨するようにしています。


4.「クライアントと一緒に喜べるように仕事をする」

仕事を、単に「流れ作業的」にやっていくと、だんだん精神が疲弊していくものです。
どの仕事も、最終的な報酬としては「お金をもらうこと」なのは間違いありませんが、仕事の中に楽しさや喜びが混ざっていないと、仕事のクオリティは上がらないものですし、長続きしないものです。

そこで、「クライアントと一緒に喜べるように仕事をする」というのを常に意識して、仕事に取り組んでもらっています。
(そもそも弊社のビジョンの1つに、「人の喜ぶ顔がみえるビジネスを大切にする」というのもあります。)

そのため、スタッフとの会話ではよく、

「その提案って、○○社さんが喜ぶと思う?」
「○○社さんは△△を依頼してきたけど、本来なら、□□から取り組んだほうがいいよね。だったら、□□を先にやりませんかと逆提案してみようよ。」

などと話しています。
スタッフと話し合った「提案・意見」が、可能な限りその仕事の「目的・意義」として反映されていきます。

そのほうが、スタッフのやる気も上がりますし、結果的にクライアント企業の方々にも喜んでもらうことが多いからです。


他にもいくつかありますが、とりあえず今日はこの辺までで。
弊社が、こういうスタンスで弊社が仕事をしているんだなぁと感じて頂いたら幸いです。

theme : 社長のブログ
genre : ビジネス

tag : 仕事術 ITコンサルタント ITコンサルティング

従業員5名以下の事業に:小規模事業者持続化補助金

すみません、私のブログで紹介するのが遅れました。

小規模事業者に使いやすい補助金があります。

小規模事業者持続化補助金

ポイントは、

1.経営計画に基づいて実施する販路拡大等の取り組みに対し50万円を上限に補助金(補助率:2/3)
2.計画の作成や販路拡大の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます
3.小規模事業者が対象です(従業員5名以下の事業者を優先的に採択

で、

・卸売業・小売業    常時使用する従業員の数 5人以下
・サービス業(宿泊業・娯楽業以外)       5人以下
・サービス業のうち宿泊業・娯楽業       20人以下
・製造業その他                20人以下

と幅広い業種で使えるのが特徴です。

補助金対象は、

(1)広告宣伝
(2)集客力を高めるための店舗改装
(3)商談会・展示会への出展
(4)商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更

など、販売促進に関わる部分で広く使えます。

ちょうどチラシを作ろうと思っていた、またはパッケージデザインを変えようと思っていた、販促用にイベント参加や、ネット告知ページなどを作ろうと思っていた、なんてことにも使えます。

弱点は、締切りが短いことです。

ノーアイデアで商工会議所に行くのではなく、上記サイトでしっかりと資料を読み込んで、あるいは書き込んで、商工会議所に行ったほうが結果的に早いかもしれません。

(この段階で本気度が足りないと、商工会議所の担当者側でも対応が鈍ってしまうかも???)

審議する側も、本当に必要としている企業に補助金を渡したいと思うでしょうから、上記サイトくらいはしっかり読み込んで、チャンスをうまく活用しましょう!!

theme : ビジネス
genre : ビジネス

tag : 補助金 ITコンサルタント ITコンサルティング

@wikiの全ユーザー情報流出&ページ改ざん

ここ最近の情報流出の中で、気をつけたほうがいいと思うのが、@wikiの全ユーザー情報流出です。

@wikiで登録ユーザー全員の情報流出 不正書き換え相次ぐ アクセスに注意を - ITmedia ニュース

@wikiは、小さなコミュニティやゲーム攻略のネタ元など、さまざまな情報元のまとめとして使われているサイトです。

その登録ユーザー情報がすべて流出、また一部ページで不正な書き換えが相次いでいたというから、大変ですね。

「自分は使っていないから大丈夫」では済まされない問題もあります。

例えば「水飲み場型攻撃」という方法があって、ユーザーが普段行くサイトそのものに、不正なプログラムなどを仕組み、マルウェアなどに感染させるものがあります。

つまり、「ユーザーが普段アクセスしているウェブサイトへの信頼につけこむことにより、ソーシャル・エンジニアリングを悪用した標的型メールによる攻撃やフィッシング (詐欺)を避ける知識のあるユーザーをも標的として攻撃することができる。」(Wikipediaより)ということなのです。

これ、ちょっと防ぎにくい攻撃なのですが(信頼している本家サイトが書き換えられたりしていますから)、ニュース等で大きなセキュリティニュースなどを見ておいて、ちょっと危ないかな、と思ったら、しばらくアクセスを控えたり、他のニュースサイトの情報を見ておくと良いですね。

theme : セキュリティ
genre : コンピュータ

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

手書き派が喜ぶスマホアプリ「リンクノート」

いつも面白い文房具を提供してくれるKINGJIMさんが、またまた面白いツールを発表してくれました。

手書きとスマホのデータをつなげるQRコード付きノート「リンクノート」 | KINGJIM

よく手書きのノートに記載すると、そのときに撮った写真、資料、音声メモなどが、どこに行ったかわからなくなることがあります。

それを、この「リンクノート」は、ノートしたページにQRコードが印刷されており、それをスマホで読み取って、写真や音声などと紐付けよう、という試みです。

あとでのノートを開いて、「このときの写真どこだっけ?」となったときにすぐに取り出せるという仕組みですね。

たしかに、手書きノート派の方が欲しがるツールになっていますね!
面白いアイデアです。


…えっ、私ですか?
私はここ数年、メモをノートに取ることは一切やめて、PCに直接打ち込むことにしているので、このツールは使わないと思います。(^^;;)
アイデア出しで紙に絵を落書きすることもありますが、それもEvernoteで取り込んで、用途別にわけてデジタル保存しているので…ちょっと私は「リンクノート」の対象者ではないですね。スミマセン。(^^;)

theme : スマートフォン・アプリ
genre : 携帯電話・PHS

tag : スマホ アプリ ITコンサルティング ITコンサルタント

MNPができるMVNO「IIJmio」が登場

タイトルだけ読むとさっぱり意味不明かと思いますが、要するに、
「電話番号そのまま、音声通話ができる、安い通信サービスが出た」ってことです。(略しすぎか… 笑)

IIJmio 音声通話機能付きSIM - プラン・料金

一番安いプランで、2,052円/月。

ただ、まともに使おうと思うと、1ヶ月2GBくらいはほしくなるので、2,721.6円/月のプランでしょうか。

でも、それでも十分安い。

この手のサービスを紹介するときにすごく難しいのは、「安いから初心者向け」とはいかないことです。

逆に、使いこなすためにはそれなりのITスキルがないと、「気がついたら上限に張り付いて遅くて使えない」ということになります。

自分が使用している通信量がある程度わかっていて、「自宅や会社ではWi-Fiを使っていて、外出先で動画のダウンロードなどでガンガン見ない人」のほうが使いやすいです。

よくわからない人は、最初は普通にキャリアで契約したほうがいいと思います。(割引も結構やっていますから)

とはいえ、こういう選択肢が出てくることは嬉しいことですね。

theme : MVNO(仮想移動体通信事業者)
genre : 携帯電話・PHS

tag : IIJ MVNO ITコンサルティング ITコンサルタント

ビッグデータとプライバシー「それ、本当に必要?」

最近、ビッグデータとプライバシーに関する話をよく聞くようになりました。例えば、

ローソンとパナソニックが組む“次世代コンビニ”のすごさとは? | THE PAGE(ザ・ページ)

は、カメラを設置して、買った後のデータ(POSデータ)だけでなく、買う前のデータ(店内にカメラを設置して、商品を選ぼうとしてやめた画像データ)なども解析しようとする試み。

通行人の顔、カメラで撮影し追跡 大阪駅ビルで実験へ:朝日新聞デジタル

は、通行人の顔をカメラで追跡するシステム。人の流れを見ることで災害時などにも役立てたいとのことですが、まぁ、普通に考えて高度な防犯システムに使うのが至極真っ当でしょうね。

これに対し、「いつでも監視されているようで気持ち悪い」という声もあるようです。

そりゃそうですよね。知らない間に自分が撮影されていて、ID付けされているわけですから。

まぁ、もっとも、ポイントカードも購入履歴をしっかり個人と紐付けされた状態で、様々なところでログが取られていますので、今さら感はあると思いますが…。
(個人が特定できない状態でマーケティングに活用されている、とはいうものの、その使い道は事業者のさじ加減によって如何様にもできます。)

マーケティング用途にせよ、防犯用途にせよ、災害用途にせよ、ビッグデータを蓄えていくと、いずれプライバシーの問題とぶつかってしまいます。

この手のものは、本人の同意を得ないまま、自然とデータを蓄積されてしまいますし、自分でデータを編集したり削除したりできない(コントロール権がない)からです。

そのとき、企業側が用意すべき答えは、消費者からの「その私のデータ、私のために本当に必要ですか?」の問いに応えられるかどうかがポイントになるんじゃないかな、と思っています。

納得感のある答え(明確な利用目的)を消費者に説明できないまま、「とりあえず取れるから取ってしまおう」という考えでは、消費者の反感を買うだけになってしまいます。

まずは、消費者の「気持ち悪い」を解消した上で、新しい活用法を実践していきたいですね。

theme : マーケティング
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

乗換案内を一発で検索する方法

今回は小ネタです。

乗換案内、皆さんどうしてますか?

仕事をしていると、「どこから、どこまで、何時に到着」という検索をしたいという方が多いのではないでしょうか?

そのときに役立つのが、↓コレです。

「○○から○○ ○:○○到着」とGoogleで検索します。

乗換案内 一発検索

すると、一発で目的の場所と時間で、乗換案内を行うことができます。

便利ですよ!

theme : Webサービス
genre : コンピュータ

tag : 乗換案内 ITコンサルタント ITコンサルティング

眼科とコンタクトレンズ店とネットショップ

先日、朝顔を洗った直後、コンタクトレンズを切らしてしまっていることに気づかず、その日の午後からセミナーをやる、という日がありました。

その時、私の選択肢は2つ。

1.メガネでセミナーをやる。
2.近くのコンタクトレンズ販売店で買う。

1.でも悪くはないのですが(笑)、メガネでセミナーは久しくやってない(というか、週末と夜しかメガネ姿じゃない)ので、2.を選択しました。

・・・で、近くのコンタクトレンズ店に電話をしたところ、すぐに売ってくれるところが見つかりました。
が、よくある話で、「眼科で検査をしないと売れません」とのこと。

でも、その日の午後にはコンタクトレンズを使いたいので、眼科に行くことに。

結局、午前を費やし、眼科で検査→コンタクトレンズの試用→購入を経て、セミナーも事なきを得ました。

ですが、帰宅したあと、気になってネットショップで同じコンタクトレンズを検索したところ、「半額」で売っていました。
↓しかも、現在は「処方箋いらず」になっているのですよね。



これは、昔は「眼科+コンタクトレンズ店」はタッグを組んでいて、処方箋がないとレンズを売らない(売れない)仕組みが出来ていて、たとえネットショップのレンズ店が安いといえども、処方箋がないとレンズが買えませんでした。

ところが、現在は処方箋なしでもOKということになり、「眼科+コンタクトレンズ店」の蜜月の関係にヒビが入りそうな勢いになっています。

もちろん、定期的に眼科に行き、目の検査や視力を測ることは大事なことです。自分の目のことですから、検査なしで購入するリスクは十分に理解すべきです。また、眼科の学会もそのように主張しているはずです。
それでも、以前に比べて必ずしもリアルで買う人が少なくなってきている、というのが現実的なところではないでしょうか。

これは、大混乱を引き起こしたネットショップにおける薬事法改正同様、規制1つでビジネスモデルがガラリと変わってしまうかもしれないことの1つの例ですね。

私達は経営的な視点で、内部環境はもちろん、外部環境もしっかりと見つめながらビジネスをやっていかないといけませんね。

theme : ビジネス
genre : ビジネス

tag : ITコンサルティング ITコンサルタント ビジネス環境

基本料金無料のPOSレジ「Airレジ(エアレジ)」

ついにここまで来てしまったか…という感じですが。

・初期費用 無料
・月額費用 無料

の、タブレットを活用したPOSレジアプリの登場です。

Airレジ(エアレジ)‐使いやすさを追求したPOSレジアプリ‐

開発元は、なんとリクルート。

クレジットカード決済ソリューション「Square」と組んで、POSレジを無料で展開しています。

インストールしてみましたが・・・うん、普通にPOSレジです。

特徴は可もなく不可もなく、無難な感じにまとまっています。

カフェなどには使えるかもしれませんが、ちゃんとしたレストランで使おうとすると、あちこち気になる点があるかと思います。

とはいえ、なにぶん「タダ」ですので、インパクトありますね。

この分野では「ユビレジ」が有名だと思うのですが、クレジットカード決済の競争の激化に合わせて、アプリ側でのサービス競争が激化しそうな感じですね。

theme : Webサービス
genre : コンピュータ

tag : POSレジ タブレット ITコンサルタント ITコンサルティング

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ