重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

産業観光プラザ すみだ まち処を見学

平日の午後、珍しく仕事の予定が空いたので、前から行こうと思っていた、押上近辺へ。

東京スカイツリーが出来てから、実はまだ一度も近くに行ったことがないことを先日思い立ち、ふと行ってみることにしました。

まず最初に立ち寄ったのは、墨田区の墨田区観光協会が運営している、「産業観光プラザ すみだ まち処」という場所です。

ここには、墨田区の伝統工芸品がたくさん展示・販売されています。

産業観光プラザ すみだ まち処

私のクライアントさんにも伝統工芸品を扱っている会社さんがありますので、その市場調査や展示方法など勉強を兼ねて、いろいろ見て回りました。
やはり、東京ソラマチに来るお客様の「おみやげ」用途を狙った、5000円前後までの商品がメインでした。
パッと買って帰りたくなるような、あるいは海外のお客様も多かったので、いかにも日本っぽいものが好まれるような印象を受けました。

次に、せっかく来たので東京ツリーにも登ってました。

東京スカイツリー

平日なのに、当日搭乗券売り場は人でごった返していて、やっぱり人気があるんだなと思いました。
それと、海外の人も多いですね。ずっとスマホで自分撮りしたり、あちこち情報を調べていました。

(BtoCのビジネスでは、スマホでどう見えるかは必ずチェックすべきだと再認識しました。)

その他、撮影ポイントがいくつもあって、

足元がガラスからの眺め

大丈夫だとわかっていても足がすくむガラス床のところでも、いろんな人がスマホで写真撮影していました。

良い気分転換になりますし、これからも時間をみつけてはあちこち市場調査に行こうと思っています。

スポンサーサイト



Squareオフラインモードは便利だけど危険

スマホ・タブレットを用いたクレジットカード決済ソリューションのことを、クライアントさんからも聞かれることが多くなってきました。
それだけ、決済手数料 3.25%前後 の手数料が、興味を引くのかもしれません。

さて、その中の1つ Squareが、通信回線が不安定なところでも決裁ができるようにするというサービスをスタートしました。

通信が不安定でも決済可能、「Square」にオフラインモード - ケータイ Watch

これは、ネットがつながりにくいような場所でも、「Squareレジ」で決済できるようにする仕組みで、72時間以内にネットに接続すれば、決済ができるという代物です。ただ、詳細を読んでいくと、結構怖いことが書いてあります。

オフラインモード機能をつかって決済を行う

・オフラインモード有効化することで、オフライン時に受付けられたクレジットカードが、承認されない、有効期限が切れているといった理由で処理できない、またはチャージバックが発生するといった問題に関してSquareは一切責任を負わないことに同意したとみなされますのでご留意ください。
・Squareアプリが削除されると、オフライン中に受付けた決済完了前の情報が失われ、お取引代金が入金されません。​

後者はともかく、前者は結構難しいですよね。
カード上の名義とカードの有効期限を確認してほしいとはいえ、そもそも盗まれて使用停止にされたカードだった場合も、事業主側の責任になるのでは?

1万円以下の少額決済が前提とはいえ、結構リスクですよね。。。

ただ、電波が必ずしも安定している訳ではない場所で、お客様に不便を感じさせずに決済プロセスを完了させることができるという意味では、やり方を覚えておくというのも良い手かもしれませんね。

MVNOの速度制限でも動画を見る方法

(下記、中級~上級向けです。初心者はちょっと遠慮したほうがいいネタです。)

MVNOの速度制限というと、128kbps、200kbps、250kbps、300kbps…と、まるで数世代前の通信速度のようです。

簡単なメールの読み書き、ちょっとしたHPの閲覧なら問題ありませんが、こと動画となるとさすがに難しくなります。

・・・なんですが、世の中にはそれでも頑張ってしまうアプリがあるのですよね。

↓の動画に触発されて、自分でもやってみたら、本当に動画再生できてしまいました。



詳細は↑の動画をよくみてください…、ということになるのですが、私のほうでやってみた手順を書いてみます。

1.[設定]-[セキュリティ]-「提供元不明のアプリ」にチェック。
  (TubeMateをインストールするため)

2.Opera MiniをPlayストアからダウンロードしてインストール。

3.Opera Miniから、「TubeMate」と検索。
  ↓が本家です。
  http://tubemate.net/
  ※偽物サイトには悪質プログラムがあるそうなので要注意!

4.本家サイトの上3つが本物プログラムの「Download」ができるようなので、ダウンロードしてインストール。

5.あとは、動画と同じように、
  Opera MiniでYoutube動画を検索・再生 →
   → TubeMate → 下矢印アイコンから 320x240 を選択 →
   → 好みの 動画プレイヤー アプリで再生

といけば、速度制限下でも動画を閲覧することができます。

まぁ、こんな苦労をするより、最初から2~5GBのLTEが使えるMVNOを購入しておけば何も問題ないのですが(^^;)、技術的には面白い仕組みなので、知的好奇心をくすぐられた方はやってみると良いかもしれません。

「Windows 8.1 with Bing」は中小企業の味方!

先日、中小企業のITコンサルティングの現場で、
「Windows 8.1 with Bing って何ですか?」
と聞かれました。

これ、中小企業の経営者や個人事業主の方は、覚えておいたほうがいいキーワードかもしれませんよ!

この Windows 8.1 with Bingとは、元々はWindowsタブレット(9型未満のタブレット)などでWindows8.1を搭載しつつも、安い端末を売り出してシェアを高めようと、マイクロソフトがWebブラウザ(Internet Explorer)に標準で「Bing」を設定することを条件に、無償や格安でWindowsのライセンスを提供する、というものです。

ところが、その条件がゆるゆるになってきて、もうほとんどのノートPCなどでこのWindows 8.1 with Bingを搭載した安い端末が出回り始めてきた、ということなのです。

もっと端的にいうと、「無料または無料に近いWindows 8.1」と覚えておけばOKです!(なんと乱暴な… 笑)

例えば、BTOメーカーのマウスコンピューターでは、もうほぼフルラインアップ揃えています。

Windows 8.1 with Bing について|マウスコンピューター

デスクトップもいいけど、どうせ買い替えるなら37,800円~の15.6型ノートPC「LuvBook B」でもいいですね。

また、大手でいけば、EPSONさんの下記モデルも興味深いです。

エプソンダイレクト Endeavor NY40S-B Windows 8.1 with Bing
32,000円~



つまるところ、マイクロソフトとしてもApple Mac OS XやGoogle Chrome OS のような無料で配布されてしまうOSと比較されてしまって、Windowsのシェア自体が落ちてしまっては元も子もないというのが正直なところのようです。
したがって、OSは無料または格安でもいいから、Windows8.1に乗り換えてほしいんですね。

これからPCを買い替えようと思っている中小企業・個人事業主の方も多いと思いますから、このOSの名前を憶えておくと良いですね!

アイリスオーヤマのサポート体制に感動

先日、妻が自宅用に使っていたアイリスオーヤマのサーキュレーターが、音も静かで風力も高いので、クーラーを使うほどでもないくらいの暑さのときに丁度良いかなと思い、事務所用にも1つ購入してみました。
(事務所ではPCを24時間つけているので、その熱を逃がしたかったので… ^^;)

買ったのは、コレ↓。

アイリスオーヤマ小型サーキュレーター 固定タイプ ホワイト CFA-151-W/H
¥ 2,678円
B00JO6BHSA


安いです。2500円近辺で買えちゃいます。(笑)

これで事務所の熱を逃がせるなぁ・・・と思って、届いてすぐに回したところ、カラカラと音が鳴ってしまう個体でした。

「あれ、外れ個体を引いちゃった?」と思って、アイリスオーヤマのHPから、カスタマーサポートに詳細な情報とともに、メールを送りました。

すると、すぐに返事があり、「動作を確認した代替機を送りますので、購入したほうを着払いで送り返してください。」とのこと。

素晴らしい・・・。
こんなに安い機種なのに、申し訳ないくらいちゃんと対応してくれて有り難かったです。


それに引き換え、PC関連メーカーのサポートは年々悪くなる一方のような気がします。

先日も、とあるITコンサルティングのクライアント企業さんのPCが故障したところ、修理のサポート担当は「権限がないのでわかりません。」(そりゃそうかも…)、サポート会社でも「原因がわからないので○万円です」(新しく1台買える値段だよ…)、「修理しないなら、引き取りに○万円です」(えっ、戻すのにもお金取るのかよ…)みたいな、踏んだり蹴ったりなサポートを体験しました。

これなら、壊れるの前提で、安い海外メーカー品買った方がまだいい(部品交換も一般のものが使えることが多いし)みたいなことを一瞬考えてしまいました。
(結局、そのクライアントの社長さんは「あの会社からは二度と買わない!」となってしまいました。ああ、せっかくの顧客を逃して勿体ない…。)

どうしてこうなっちゃんだろう・・・と思ったら、要は「売れない」からなんですね。コストが高すぎて、売価にも反映するけど、サポート代もバカにならない、数もあまり出なくなった割に製作費は同じようにかかるわけですから。

厳しい時代になったものです。。。


さて、話は元に戻り、上記のアイリスオーヤマさん。
オフィス周辺機器でもいいもの作ってますよね。

アイリスオーヤマ ペーパーシュレッダー ホワイト P8HM
¥ 11,045円
B00302ZI0C


↑これもオフィス用に買って、めちゃめちゃ重宝しています。
CD-ROMもA4用紙もバキバキと裁断してくれます。

サポート体制も良かったし、「また買いたい!」と思わせる会社さんでした。

COMPASS2014夏号の特集に掲載されました

中小企業のIT経営マガジン「COMPASS」の 2014 夏号 に、日伸貴金属さんと一緒に掲載されました。

雑誌:中小企業のIT経営マガジン COMPASS 2014 夏号
特集:ネットが伝える日本の「こころ」 -ホームページという道具はどうしたら使いこなせるか-
クライアント企業様:有限会社 日伸貴金属 -東京銀器-

COMPASSは電子書籍にも対応していて、Webからでも読めます。



余談ですが、↑表紙から1枚開いたところにも私がチラッと小さく映っていて笑いました。(^^;)

日伸貴金属さんの事例はもちろんのこと、他社の事例もとても参考になると思いますので、よければ一度読んでいただけると幸いです。

といいますか、とても役に立つ雑誌ですので、定期購読を申し込んでおくといいですね。

スマホアプリに関する市場調査

MMD研究所で、スマホアプリ、コンテンツに関する調査が発表されていました。

2014年上半期スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査

上記記事を見てもらうと一目瞭然ですが、コミュニケーションツールにはLINEが圧倒的に強いことがわかります。
そのあとに、Facebook、Twitterが続きます。
さらにそのあとにGoogle+とmixiが続きますが、上位3つに比べると差が大きいことがわかります。

もっとも利用者の多いLINEは「友達との連絡手段」という使い方で、SNSというよりはSMS(ショートメッセージ)の代替のような使い方が多いでしょうね。
一方、Twitterはリアルタイム性を活かした「情報収集」、Facebookは(LINEで頻繁にやりとりするほど親しくない方々との)「近況報告」や「イベント告知」などを広く伝えたいときに使われる傾向が見て取れます。

こういうのを意識して使えるようになるといいですね。

あと、目新しいところではニュースアプリが「Yahoo!ニュース」、「LINEニュース」、「SmartNews」、「グノシー」の順に続いているということで、相変わらずの「Yhaoo!ニュースの強さ」と、「LINEニュース」が思いの外強いというのが気になりました。
ただ、どれも似たり寄ったりで「Flipboard」を使ったときのような楽しさ感はあまり感じませんでしたので、これから独自色を出していくのでしょうか。

AmaQuickでAmazonアソシエイトタグを簡単作成

今日は、気軽なネタで。
ブログ等を書いている人向けの記事です。

私も、ブロガーの端くれとして、Amazonアソシエイトのアフィリエイトタグを利用することがありますが、普段利用しているChromeのバージョンが上がり、オリジナルの拡張機能が使いにくくなってしまいました。

今まで私が使っていたのは、
超簡単Amazonアソシエイトリンク生成greasemonkeyの「AmaGrea」
というものでしたが、こちらはChrome ウェブストア以外の場所からインストールする必要があるので、現在では使いにくくなっています。

そこで、最近使い始めたのが、「AmaQuick」です。
Chrome ウェブストア - AmaQuick


使い方は簡単。

拡張機能をインストールしたあと、Amazonの商品ページにいくと、画面の一番下に↓のような画面が追加されます。
AmaQuick 使い方説明1

「設定」から、自分のID名などを入れつつ、自分の好きなレイアウトを整えます。
↓こんな感じ。
AmaQuick 使い方説明2

すると、短縮URL、テキストリンク、画像リンクが簡単に作れますし、カスタムリンクから↓みたいな感じのものも作れますよ。


↑クリックすると本当にAmazonに飛んでいっちゃいますが(笑)、ご参考まで。

便利ですよ!

中小企業大学校 東京校でIT活用事例を講演しました

今日は、午前中にITセミナーに関する打ち合わせが2件。
午後からは中小企業大学校 東京校にて、IT活用事例を講演するという、丸一日セミナーデーでした。

テーマ:IT活用による経営課題解決講座―自社のIT活用可能性を見極める!Web,SNS,モバイル,クラウド活用の可能性―
場 所:中小企業大学校 東京校
期 間:2014年7月23日~2014年7月24日
定 員:30名

私はこのうちの事例解説のみですので、一緒に登壇して下さった秋東精工 柴田社長とあわせて1時間半の講演でした。

これで中小企業大学校でお話しをさせて頂いたのは、3回目になります。
ありがとうございます!

今年は、なんと定員一杯に受講者が集まったとのことで、IT活用に本格的に取り組もうという企業様も増えてきているのかな、という気がいたしました。

IT活用セミナー
(↑当日の様子です。写真は他の事例紹介で講演中の鬼澤先生。よくご一緒させて頂いてます(笑))

SEOと一口で言っても様々な対策・考え方がある

今日は、午前中は松戸でHP制作・SEOに関する専門家派遣が1件、午後から船堀でITコンサルティングが1件でした。

はじめて行くクライアントさんで、よく質問されるのに「SEO対策って、まずどこからやればいいんでしょう?」というのがあります。

そんなときは、まず「Google検索エンジン最適化スターターガイドって、読んだことありますか?」と聞くようにしています。

Googleが用意してくれている、SEOの基本のキがわかりやすく書かれてあるので、まずここを抑えておくのが最初のスタート地点となります。

そして、そこから先は、実にいろんな考え方がありますが、要は、
「Googleが気に入るページって、なんだろう?」
と推察していくことになります。

短期で気に入らせたいと考える企業もいるかもしれないし、本来有るべき姿でゆっくりと上位を狙っていくほうがよいと考える企業もいるかもしれません。

また、その手法も、例えば下記サイトでは200以上もの対策をいろいろ出されていて、

Googleのアルゴリズムにおける検索順位に影響を与える200+個の要因のまとめ | コリス

その対策の手法、考え方にもいろいろあるもんだと改めて考えさせられます。

とはいえ、これらを全部やる必要はなく、自社が持つコンテンツにあわせて「重要な対策は何か」を考えながら、進めていくことになります。

実際には「知っていること」とそれを「実践できること」は違ったりしますが・・・。

まぁ、その辺はおいおいまたブログで紹介できていけたらいいなと思います。

「在宅勤務」向けシステム投資はまさに今が成長期

「在宅勤務」向けのサービスが続々出てきていますね。

「在宅勤務」新サービス開発競う 市場急成長、20年までに1000億円突破か (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

「市場調査会社のシード・プランニングの調べによると、テレワーク関連サービスの市場規模は、13年の277億円から、20年には約4倍の約1068億円に増加すると予測する。」と上記記事内でありましたが、本当にそうなるかはともかく(^^;)、企業の関心が高まっているのを感じます。

これは、企業側が在宅でも働いてほしい人材の確保に力を入れ始めたためでもあり、テレワーク向けの補助金が後押ししているおかげもあって、企業も積極投資しやすくなっているからですね。

実際、私もこのテレワーク向けのセミナーなどを、2年前ほどから依頼される機会が多くなってきています。

特に関心が高いのは、
・タブレット、スマホ、モバイルPC活用
・クラウド(オンラインストレージ、リモートデスクトップ、仮想デスクトップ)
・セキュリティ対策
などなどです。

ここに来て様々なサービスが出てきていますので、私自身も、ITコンサルティングを通じて、自社にあったサービスを探したいという企業からの相談も増えています。

ただし、本当に効果が出せるかどうかは、会社の業種や仕事内容、また企業の取り組みの本気度にも寄ります。
単に機器だけ買っても、思うような効果が上がらない場合がありますし、遠隔での勤務体系などを社労士さんなどと一緒に検討する必要もあるでしょう。

とはいえ、こういった動きが広まっていくことは、能力はあっても、病気やケガ、育児や介護などでフルタイムで働くのが難しい人にも働く機会が増えることにも繋がりますので、ぜひ前向きに取り組んでいってほしいところです。
(ワークシェアリングという考え方もありますが、案外こういった下地が整うことによって普及が進んでいくのかもしれませんね。)

LINE乗っ取りにPINコード設定で対策!

最近流行のLINEアカウント乗っ取り、主にPC経由とスマホ経由の2つがあるのですが、下記の記事は、スマホからの不正アカウント乗っ取りを防ぐ方法ですね。

LINE、ログインに「PINコード」を追加 - 利用設定を呼びかけ | マイナビニュース

でもこれ、PINコード程度で防げるかどうかは微妙なところですね。

今回、かなり組織的に「iTunesカード」や「Web Money」といったプリペイドカードを買わせるという、金銭目的なアカウント乗っ取りですから、この程度のセキュリティで守れるとは思えません。
違う抜け道を使ってくるように思います。

また、自分が乗っ取られないだけでなく、どのような手口で金銭をだまし取ろうとするのか、その手口そのものを知っておく必要があります。

そうしておけば、たとえ自分の友人がアカウント乗っ取りにあったとしても、自分自身で守ることができます。

うっ、また間が空いてしまいました...

うっ、また間が空いてしまいました...

すみません、今月末はいろいろなHP制作の公開日を控えておりまして、かつITコンサルティングのほうも平常通り進んでいますので、なかなか時間が取れませんでした。

思い出しつつ、記事を書いていきたいと思いますー。m(_ _)m

安くて便利なロック機能付セキュリティUSBメモリ

とても今さらな紹介ですが、安くて便利なセキュリティUSBメモリがあるのでご紹介します。

通常、セキュリティ対応USBメモリといえば、BAFFALO や IO-DATA のUSBメモリが有名です。

例えば、

BUFFALO ハードウェア暗号化機能搭載 管理ツール対応 USB3.0 セキュリティーUSBメモリー 8GB RUF3-HS8G
¥ 13,392円
B00KBP2SLI


とか、

アイ・オー・データ機器 USB 3.0/管理者用ソフトウェア対応アンチウイルス機能搭載USBメモリー 8GB 1年版 ED-SV4/8G
¥ 14,146円
B00KQXXKP8

などです。

特に、USBコネクタから抜くと自動でロック機能が働くBUFFALOの製品は、安全にデータを運用したいときには安心感があると思います。

しかし、これらのUSBメモリはどれも1万円近くしますし、特にウイルス対策ソフト付きは、ライセンス更新の手間が面倒だったり、Windows8.1に対応していないものがあったり、Macで使えなかったりして、動作環境に気を使います。


むしろ、ウイルス対策はPCにインストールしているソフトに任せて、手動ロックでもいいので、安くてWindows8.1でもMacでも使えるものがないかなぁと探していたら、・・・ありました!

ELECOM USBメモリ USB3.0対応 8GB セキュリティ機能対応 シルバー MF-AU308GSV
¥ 780円
B00AZFGAPY


780円! 安い! 安すぎて笑える!(笑)

・・・なのですが、USB3.0対応なので転送速度もビジネス用途程度では問題ないですし、手動ロックとはいえ、ロック機能がついていますし、WindowsでもMacでも使えます。

ある程度の規模の企業になると、USBメモリそのものを使わせないというセキュリティルールにしているところもありますが、小規模企業だとなかなかそこまでルールを徹底できていないところも多いです。
また、業務によっては、やむを得ずどうしても相手企業様と個人情報や機密情報などをUSBメモリでデータの授受をしなければいけないシーンというのもあるかもしれません。

そういうときに、自由にUSBメモリを社員に勝手に使わせるというよりは、1000円程度の手動ロック付きUSBを買い与えておくだけでも、セキュリティ意識が高まるかもしれませんね。

本気で対策するならBUFFALOとかのUSBメモリ。
ちょっとしたセキュリティ向上なら、このELECOMのUSBメモリをお守り代わりにどうぞ~。

店舗から頼んでいない商品が届いたときの対処法

当ブログへのお問い合わせで、
「一度問い合わせたことのある会社から、注文していないのに宅配のお知らせが来たが、どうしたらよいか?」
という旨の質問がありました。

そこで、今日はリアル店舗、通販会社、ネットショップ等から、頼んでいない商品が宅配で届いたときの対策について書いていきたいと思います。

まず先に家族の誰もが依頼していないことを確認した上で(自分が知らないだけで家族が注文してる場合もあるので)、


①宅配を受り拒否/保留する。
宅配の営業所に電話するか、あるいは配送員に、「この荷物は知らないので、受け取り拒否します」といえば、特に問題なく拒否できます。
もし、何等か心当たりがある場合は、数日だけ「取り置き(保留)しておいてください」と依頼することもできます。
特に代引きの荷物の場合は、金銭の授受が発生するので、受け取りをする・しないは慎重に判断してください。

②事業者に確認する。
明らかに全く知らない事業者から荷物が送られてきた場合は、「押し売り」かもしれないので、①のとおり「受け取り拒否」でいいですが、心当たりがある場合(相手の事業者が信頼できる場合)は、メール等で「荷物が届いたのですが、これは何ですか?」と問い合わせてよいと思います。
逆に、悪質な業者に対しては、問い合わせは一切しないほうがよいと言われています。(問い合わせをすることで、余計に個人を特定され、嫌がらせの電話などが増える場合があるので。)

③専門機関に相談する、通報する。
特に悪質なケースに巻き込まれそうな場合は、国民生活センターの「消費者ホットライン」に電話すると良いです。
全国の消費生活センター等_国民生活センター
正しい対処の仕方を教えてくれますし、味方になってくれる人が増えたら心理的にも安心できます。


以上ですが、単純にショップ側の「送付ミス」だったり「感謝プレゼント」だったりするケースもあるので、必ずしも悪質なケースとは限りません。荷物の梱包や受け取りの宛名などをよく見て、判断しても良いと思います。
(事業者側は、荷物を送る前にメールやハガキで事前に連絡を入れておいたり、梱包時にプレゼント等と明確にわかるように工夫したりすると、消費者に余計な心配をかけなくていいですね。)

単にショップ側の送付ミスだった場合は、良心的な事業者であれば、着払いにて荷物を返送してください、あるいは迷惑をおかけしたのでそのままお使いください、と対応する場合が多いです。

いずれにせよ、上記①~③を覚えておけば問題ないかと思います。

WordPressに「Edit Author Slug」は必須かも?

今日は、WordPress利用者様向けの話題です。
WordPressのセキュリティ強度を高めるためには、「Edit Author Slug」プラグインは必須かも、という話です。

最近特にWordPressの管理ログイン画面を狙った攻撃手法が増えていますね。
大企業か小規模企業かは関係なく、とにかく手あたり次第攻撃されている、というのが実情です。

管理者アカウントの初期設定「admin」を削除するのはもちろんなのですが、

http://www.xxxxxx.com/?author=1

などでアクセスすると、替えたログインID名までバレてしまうのが問題です。
これでパスワードが簡単であれば、すぐに認証を突破されてしまいます。

そこで、

Edit Author Slug

が必要です。
こちらを利用すれば、ログインIDとは異なるカスタムのアカウント名を設定することができます。

「Edit Author Slug」で検索すれば、日本語で設定方法がかかれたページがいっぱい出てきますので、そちらを見てください。(手抜き 笑)

このようなセキュリティに関する機能は、標準で持ってたほうがいいのになぁ、というのが最近WordPressで良く感じることがあります。

「みんビズ」が新規受付終了!今後どうなる?

中小企業向けHP作成サービスとして人気の高かった、「みんなのビジネスオンライン(通称みんビズ)」が、なんと9月末をもって新規受付を完了するそうです!

みんビズとは | みんなのビジネスオンライン

Webサービス利用料が1年間無料、独自jpドメイン取得も1年間無料という超太っ腹なサービスだったので、ずっと続けるわけにもいかないんじゃないかなぁ…、とは思っていたのですが。(^^;;)

ちなみに、私もみんビズで多くの中小企業様のHPをご支援させていただきました。

新規受付完了後のQ&Aについては、

みんなのビジネスオンライン新規受付終了 - Jimdo

にまとめてありますよ。

簡単に言えば、みんビズの新規登録はできないけど、今後もずっとJimdo Proとして使い続けることができるので安心してください。ということですね。

Jimdo(みんビズの元々のサービス名)そのものは、今でも最も初心者向けで使いやすいサービスの1つだと思いますので、「パソコンやHPに詳しくないけど、とりあえずHPを持ちたい!」という方には、ぜひ使ってみていただきたいサービスです。

またJimdoだけでなく、WIXやBiND Cloudなども出てきているので、HPを持つことに関する敷居はだいぶ低くなってきましたね。

とはいえやっぱり、「成果の出るHP」を持つためには、それなりのWebマーケティングの知識や、場合によってはHP制作会社さんのプロのテクニックを借りたほうがいい場合というのも数多くあります。

ですので、「HPを持つための敷居が低くなって、かつ上を目指すための取っ掛かりが増えている」というポジティブにとらえたほうがいいですね。

選択肢が多くなった分だけ、「どれ使ったらいいですか?」という中小企業/個人事業主からのご相談も増えますので、そこは私たちのようなIT支援者がしっかりと応えていけたら良いな、と思います。

いよいよ国内でもChromebookが発売

いよいよ日本でもChromebookが発売になるようです。

【.biz】【詳報】グーグル、Chromebookを企業/文教向けに国内展開 ~デバイスの一元管理サービスも提供 - PC Watch

Chromebookを国内で提供するメーカーは、日本エイサー、ASUS、デル、日本HP、東芝の5メーカーとのこと。

また、個人向けではなく、しばらくは法人向け、教育機関向けとして伸ばしていくそうです。

というのも、Chromebookを使うメリットとして、端末の一元管理を行う「Chrome管理コンソール」がついているので、

個々のChromebookにインストールするアプリケーションやポリシー管理をインターネット経由で行なえるサービスで、企業における管理コストや工数を大幅に削減するとしている。

という点に優れているからです。

それもそのはず、そもそも一般事務などのビジネス用途では、オフィス系ソフトが動けばOSはなんでも良かったりするので、「アメリカのビジネスノートの5分の1がChromebookになった」というのも、なんとなく頷けるところです。(まぁ、多少下駄を履かせている感はありますが ^^;)

あとは、日本での普及ポイントは、何といっても価格だと思います。
WindowsやMacのように「何でもソフトが動かせる」ではなく、用途がある程度限定するわけですから、その限定環境下において使いやすく・管理しやすく・そして安い、が組み合わされれば、普及する見込みはあるのではないかと思います。

『杜氏のいない「獺祭」』記事、必読です!

素晴らしい・・・!!
IT活用を行う中小企業は、ぜひ読んでおきたい記事です。

杜氏のいない「獺祭」、非常識経営の秘密 | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

実際には、本編を読んでもらうとして、私が素晴らしいと感じたポイントは、

・杜氏がいない酒作りになるまで、約3年程度要した。
・伝統的に杜氏がしてきた酒の分析やデータ解析を、最初は社長が担当し、3年目にパートの女性入れて、運用できる形にした。
・酒造りは今日までのことがどれだけデータでわかっても、明日どうなるかを最後の最後まで見通すことはできない
・それを判断をできるリーダーがひとりの会社は弱いし、10人いれば強い。そういう酒造り(組織作り)を目指している。
・経営者として会計的な数値などデータを見て判断することはもちろん大事。ただし、それだけでは企業は安楽死する。企業がある程度伸びて行くために、あえてバランスを崩す経営を行うこともある。
・獺祭がうまく行くようになったのは、Excelが使えるようになったというのも大きい。
・100%勝つ必要はなく、70%くらいで万々歳。負けるときに徹底的な負けをしないこと、負け判明したら早く逃げること。
・データを成果につなげるポイントは、経営者の「意思」や「欲望」。そして社会に対する視点を失わず、社員に対して不利益をもたらさないこと。

ああ、データ解析を経営に活かすためのポイントを短く書き出したつもりだったのに、大事なポイントがいくつもある!!(笑)

データ解析は、お金をかければ良いものができるというものでもなく、またデータが多ければ多いほど良いというものでもなく、実は経営者にとって目的がしっかりしていて、それを活用するために回せる体制(運用面・意識面)になっていることが大事なのですよね。

私もお昼の仕事で、獺祭Bar(東京スクエアガーデン)のすぐ近くを通りかかったのですが、お昼ですから飲めませんでした。(^^;) 今度、中小企業のIT活用に思いをはせながら、夜に一杯飲んで帰ってみたいと思います。(笑)

政府のITを知る「ITダッシュボード」

内閣官房の情報通信技術 総合戦略室が、政府のIT施策やシステムの情報を紹介する、「ITダッシュボード」を公開しています。

ITダッシュボード

大きなメニューとして、

・各種施策の状況
・統計情報
・データ取得

というものがあって、政府の取組の進捗状況、KPIを評価したり、統計情報を切り口して閲覧してみたり、また政府での「電子行政オープンデータ戦略」に基づいてデータをCSV、WebAPIで提供したりしています。

こういった見える化を推し進めることは、データをもとにした議論がやりやすくなりますね。

たとえば、実際のグラフを見ていると、国土交通省と厚生労働省がシステム数が多く、また厚生労働省のシステム予算が飛びぬけて高い、などなど、いろんな情報が見えてきます。

コンテンツを作らずにSEOを向上させる、とは?

最近のGoogleのSEOに関する考え方を理解している人にとっては、思わずうなずきたくなるような内容だったので、私のブログでも紹介します。

コンテンツも作らずマーケティング費用もかけずに検索順位を上げる6つの方法(前編) | Web担当者Forum

まず「良いコンテンツを作ること」に関しては、誰もNoといえなくなってきていると思います。

ただ、それにはやはり労力がかかりますし、必ずしも評価される内容となるかは、出してみないとわからない点もあります。

この記事では、逆にコンテンツを作るだけではなく、他の手法を用いて(かつお金をかけずに)、SEOを向上させるテクニックがいくつか書いてあります。

もっとも、実際にやろうと思うと、結構手間暇がかかるものが多いのも事実ですが…。(笑)

実際、本気でここに書かれていることをやろうと思うと、無料ブログ系ではきついところも出てくるかもしれません。ただ、これからサイトを作ったり、ブログを作ってみようと思う人にとっては、SEOに関する基礎知識を勉強した後に、読んでおいて損はない記事かと思います。

OCNモバイルONEアプリのレビュー

今週は書類関連の提出の多さに加え、急な案件の飛び込み、外に出る仕事に合わせて夏風邪を引くという大変に運の悪い1週間となりました。
もうほぼ風邪は治っていますが、来週も毎日外出仕事が続きますので、週末に体を元の状態に戻したいところです。

さてさて、外出するとモバイルルーターが活躍するのですが、私が使っているのは↓これ。



前にも当ブログで紹介したかもしれませんが、非常に使いやすいモバイルルーターです。これに、OCNモバイルONEというMVNOのSIMカードを指して使っています。

このモバイルルーターにも液晶がついているので、おおよその通信量は把握できるのですが、もっと詳細が見たいときには困っていました。
ですが、OCNモバイルONEアプリというのが作られて、とても楽になりました。

↓今月の通信量や、今日の通信量はもちろん、
OCNモバイルONEアプリ1


↓直近3日間の通信量までわかります。
MVNO系に多い「3日間で366MBまで」(それを超えると速度制限)という制限も、だいぶわかりやすくなりました。
OCNモバイルONEアプリ2
↓ちなみに、そのまま使い続けると、月末に何GBくらいまでいくのかもわかりますので、プランを決めるのに便利ですね。
OCNモバイルONEアプリ3

私の場合、ほぼ2GBプランが丁度良いプランになっています。(場所によっては、別のiPhoneのテザリングを使う場合もありますし…。)

そうそう、OCNモバイルONEアプリは、iPhoneでもAndroidでも使えます。
私みたいにモバイルルータを別に用意している場合でも使えますので、ルータはかばんの中にでも入れておいて、スマホを外部モニタ(?)みたいにして使うと良いかもです。

ベネッセが最大2070万件の個人情報流出

これは、ベネッセにとっては大変に痛い、大規模な個人情報漏洩が起きてしまいました。

ベネッセ 個人情報最大2070万件流出か NHKニュース

下記のプレスリリースによると、

お客様情報の漏えいについてお詫びとご説明

確認されているだけで約760万件、最大で2070万件の
・郵便番号
・お客様(お子様とその保護者)のお名前(漢字およびフリガナ)
・ご住所
・電話番号(固定電話番号または携帯電話番号)
・お子様の生年月日・性別
が漏洩したそうです。

・・・(ノ∀`)アチャー、ですね。

社内調査で社員以外の内部関係者が情報を持ち出したことが判明し、名簿業者に売られて、それを買ったというのがライバル企業である「スマイルゼミ」のジャストシステム、というところまでわかっています。

ジャストシステムのスマイルゼミから不自然なDMが届くと噂になってたら、ベネッセから最大2070万件の個人情報流出のお詫びちゃれんじが届いた件 : 市況かぶ全力2階建

スマイルゼミから子供宛てにDMが届きました。 資料請求した記憶がないのです... - Yahoo!知恵袋

流出させてしまったベネッセはもちろんのこと、ジャストシステム側も担当者は悪気はなかったかもしれませんが、名簿業者から売り買いしたという点では、今回の一件で会社としての信用度を落としてしまうことになると思います。

特に、自分のお子さんに関する情報が売り買いされたとなると(というか名簿業者内で、今後もさらに出回るかもしれませんし…)、シビアに会社を見る親御さんが増えて、会社としては大打撃になる可能性があります。

上記サイトで、「2070万人にクオカード500円配ったら103億5千万円ですね!(震えながら)」というツイートの紹介がありましたが、いやいやそれじゃ納得されないでしょうし、会社としても現実的に厳しいでしょう、という気も致します。

今後警察の捜査も進むでしょうし、ベネッセ、ジャストシステムが会社としてどのような対応を行っていくのかも気になるところです。

BtoC向けのビジネス、特に個人情報を沢山扱っておられる会社様、対岸の火事と思わず、いざ自分の会社でも情報を持ち出されたら…というケーススタディの1つとして、関心を持って今後の経緯を見守ってみてはいかがでしょうか?

画面キャプチャーソフト「TKキャプチャー」

今日は、小粒ですが、とても便利な画面キャプチャーツールをご紹介します。

TKキャプチャー | ティーケーフォースの無料ソフト

普通のスクリーンショットソフトと比べて、このTKキャプチャーのすごいところは、

・操作が超簡単!(←大事!)
・インストール不要!
・ファイルにも保存(PNG/JPEG)できるし、クリップボードにも保存できる!
・マウスドラッグによる領域指定が、「自由サイズ」「縦横比固定」「固定サイズ」の3つから選べる!
・前回と同じ領域を保存できる!

という点です。

TKキャプチャーの使い方を見て頂くとわかるのですが、とても簡単な操作性で、難しいこと抜きに使うことができます。

TKキャプチャー

しかも、固定サイズ(縦と横のピクセル数を入力)や、縦横比を固定した画面キャプチャーするというのは、これが「欲しい!」という人にはまさにぴったりのソフトといえます。

前回と同じ領域を保存というのも、一連の動きの説明書などを作るときにはとても便利です。

実は、もともとは私のクライアント企業さんが欲しがっていた機能にもっとも適していたのがこのTKキャプチャーでして、さらに開発元の株式会社ティーケーフォースさんにはいくつか要望も聞いていただき、今の機能となりました。
とっても感謝しております!

ぜひ、みなさんも使ってみてくださいね!!

マイクロソフト好調とのこと

マイクロソフトが好調とのニュースが出ていました。

日本MSが経営方針説明会を開催「ものすごく良かった、最高の年」 - 週アスPLUS

2013年7月~2014年6月期については「ものすごく良かった、最高の年」とのことですが、これはWindows XP絡みの収益がとても大きいと思います。

大手企業から零細企業まで、ほぼWindows XPをどうするかという問題を抱えていた(今も抱えている?)時期だったかと思います。

実際、企業の現場からは、「MSに上手に商売された」という恨み節が私の耳にも届くことが多かったです。

(まぁ、私はセキュリティを守りましょうという立場上、Windows 7/8のほうがいいですよ、としか話せませんが…(苦笑) でも、経営者の方々の気持ちもよくわかります。)

もう1つ、マイクロソフトが好調な理由として、サティア・ナデラ氏にCEOが変わってから、モバイルやクラウドとの親和性が高まってきているのもあるかと思います。

今までは、どうしても生みの親のよしみで(?)、Windows OS、Officeのライセンス売りにこだわっていたところもあったようですが、よりマルチデバイスな方向にかじを切って、ようやくオフィスソフトの本命が動き出したな、という気がいたします。

Surface Pro 3はちょっと高いものの、ビジネスユースではとても良い端末に仕上がっているようですし、Windows Azureもなかなか好調のようです。

ちなみに、この後Windows Server 2003のサポート切れがあと1年に迫っていて、これまたマイクロソフトはウハウハだけど、社内サーバを抱えていた人たちは頭も抱えることになりそうです。。。

ワンタイムパスワード生成機が増えてしょうがない

ゆうちょ銀行から、新たにトークン(ワンタイムパスワード生成機)が2個送られてきました。

法人口座用と、個人口座用です。

ワンタイムパスワード生成機(トークン)

ワンタイムパスワード生成機とは、その名のとおり、生成するたびにパスワードが変わり、それを入力しないと認証が通らない、という仕組みです。

人間が覚えておくユーザ指定のパスワードだけでは、結局、簡単なパスワードに設定したり、不正プログラムなどから漏洩したり、複数のサービスでパスワードの使い回しをしたり、と、十分に守れないことが証明されていますので、こういった生成機を使うことによって、「その端末を持っている人しか認証を通さない」という仕組みのほうが安全なため、普及が進んでいっているものです。

とはいえ、最近ワンタイムパスワード生成機が増えすぎてよくありません。(笑)

ワンタイムパスワード生成機の画像 いろいろ

こんなのが事務所にゴロゴロしていて、いい加減うっとうしくなってきました。(^^;)

いっそ、Google Authenticator も許してくれたらいいのに…。と思いますが、さすがにGoogleもそこまで信用されていないですよね。(苦笑)

とはいえ、Googleはもちろん、Microsoft(Outlook.com)も、DropboxもGoogle Authenticator対応なので、いっそこれに統一してくれたらいいのに、とは思っています。

BiNDがクラウド化「BiND Cloud」

オシャレなWebサイトが作れると評判だった、「BiND」がクラウド版になって今夏に登場予定とのことです。

ホームページ作成サービス – BiND Cloud | バインド・クラウド

BiNDは、ホームページビルダーを使うほど初心者でもなく、またDreamWeaverを使うほどイチから作るプロ向けでもなく、その中間のレベル層、かつ他のものより明らかにスタイリッシュなサイトを手軽に作りたい層に人気が出た製品でした。

ただ、昨今のCMSブームによって、「ソフトを購入しなくても、ブラウザだけで更新したい」という要望が強かったのも事実だったんじゃなかろうかと推察します。

そういった意味では、このクラウド化は進むべくして進化した方向性だったのかな、と思います。

使い勝手は、ほぼ今までどおりが再現されるそうですよ。

プランは、
・エントリー:初年度無料 2年目以降480円/月
・プロ:独自ドメイン、メール、FTP機能 2,980円/月
・ビジネス:20ライセンスまで利用可 9,800円/月
とのことです。

サービスが開始されたら、私もちょっと触ってみたいと思っています。

Yahoo!ボックスも容量無制限に参戦

BOX、Googleドライブなどでも熱くなってきている、オンラインストレージの容量無制限の戦いですが、これにYahoo!ボックスも参戦することになりました。

容量無制限 - Yahoo!ボックス

特に、月額690円(Yahoo!プレミアム会員なら490円/月)という、破格の安さです。

今までの「マイボックス」というフォルダとは別に、「容量無制限 Powered by Pogoplug」フォルダーが追加される方式です。

はい、その名のとおり、Pogoplug Cloudと提携したんですね。

Pogoplug Cloudは、500円/月で容量無制限になるサービス。ただ、使い勝手や速度の面で、あまり良い評判を聞いていなかったので、Yahoo!ボックスがその辺どう改善しているか(あるいはしていないのか?)が気になります。

ビジネス用途でいえば、NASの代わりにオンラインストレージで・・・と考えている企業も増えてきているのですが、ネットワークドライブの使い方に慣れたユーザーに新しいサービスを使わせて不満が噴出しないだろうか…というところは、気になるところのようです。
そういった意味では、標準でWebDAV(ネットワークストレージをあたかも普通のネットワークドライブのように使える機能)に対応しているBOXなどは、候補としても良いような気がします。

今いる位置から電源を探す「電源カフェ」アプリ

今日は、午前中に秋葉原でITの専門家派遣が1件、午後から入谷でもう1件と、2件続けてITコンサルティングがありました。

午後の打ち合わせまで時間がありましたが、肝心の電源が心許ない…。
ということで、電源を探すことにしました。

そのときに役に立つのが、「電源カフェ」アプリです。

電源カフェ | (コンセント、Wi-Fi等)ノマド情報サイト

これをスマホにインストールしますと、現在位置から近い、電源のあるカフェなどが探せます。

電源カフェアプリの動作画面

無料アプリなので広告が出るのはご愛嬌ですが、↑の画面のとおり、近い位置の電源があるところを紹介してくれます。

昔は、カフェに行っては「電源お借りできるスペースはありますか?」と聞いていたのですが、このアプリを使うようになってからは、比較的スムーズに電源を探せるようになりました。

外回りが多いセールスマンや、ノマド的に働いているクリエイターの方、はたまた私のようにIT機器を使って外で仕事をする機会の多い方などに、オススメのアプリです。

あなたのタイムラインが操られる日

Facebookが空恐ろしくなるような実験をやっていました。

Facebook、ユーザー約70万人のニュースフィードを操作した実験結果論文を発表 - ITmedia ニュース

この実験は、Facebook会員の約70万人に対して、意図的にニュースフィードのアルゴリズムを操作して、「ポジティブな言葉を含む投稿の表示を減らしした場合、ユーザーの投稿にネガティブな言葉が増えるか」等の実験を行ったそうです。

その実験の結果、Facebook上でも情動感染(ある人の感情がある人へと感染すること)があることが証明されたそうです。

ただ、これに関しては、当然のことのようにプライバシー侵害にあたるのではと反発が起きていて、研究者が謝罪することになったようです。

フェイスブック、ユーザー70万人を操作実験 研究者が謝罪 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

まぁ、当たり前ですよね。本来「いいね!」というポジティブな感情でつながるはずのFacebookにおいて、意図的にタイムラインをいじられてポジティブな投稿が見えなくなっていたのですから。

そもそも、実験するまでもなく、ネット上でネガティブな投稿、記事ばかり読んでいたら、自分の気持ちだって沈むことは、ほぼ誰もが経験上から理解できることです。
ましてや、今回は自分の親しい友人・知人のFacebook投稿ですから、自分の感情に全く影響を与えないほうがおかしいともいえます。

むしろ、私は大手のSNSが意図的に操作ができることのほうが怖いな、と感じました。
これは情報のコントロール権があるのと同じことです。

悪用しようと思えば、サービス事業者側にとって都合の悪い投稿は極力他人のタイムラインに乗らないようにし、情報拡散したい投稿は意図的に他人のタイムラインに掲載されるようにもできるのですよね。

全世界的にも、ややFacebookの人気にかげりがみえてきているのも気になります。

Googleトレンド Facebook Twitter

あまり不誠実なことを続けていると、Facebookといえども他のSNSに主役の座を奪われないとも限りませんね。

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ