重要なお知らせ

お引越しをしました!(2015/5/1)
新しいブログは、こちらです。 → ITコンサルタント日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「精神論より行動・言葉の定義が強くなる秘訣」

気軽な話題で。良い記事なのでご紹介です。

「頑張り屋さん」がチームをダメにする - 精神論より行動・言葉の定義が強くなる秘訣:日経ビジネスオンライン

オービックシーガルズのオービックといえば、ERPの「OBIC」や、「勘定奉行にお任せあれぃ!」の勘定奉行(OBC)などで有名な企業で、ITに携わっている人なら馴染みのある企業です。

私は、知る人ぞ知る(?)NFL好き(観戦のみ)なのですが、アメフトが好き嫌いに関係なく、良い記事です。

特に心に響いたところは、

・「きちんとやる」主義=「練習でもなんでも、ただ汗をかけば良いのではない。自分で目的意識を持って練習にやって来い。例えそれが、5分しか参加できない事情であっても100%コミットせよ。5分のために死力を尽くせ」 

・「完成度が高いこと」=デイビッドがPLAYBOOK作りでこだわったのは「完成度が高いこと」だった。日本でもトップレベルのアメフトをやってきたという自負のある選手から、もう少しで一部入りできる国立系の二部校出身の選手、同好会出身の選手に至るまで、誰もが理解し、納得できなければ意味がない。

・「イメージのすり合わせ」=例えば「10ヤードをダッシュする」というメニューがあった時、「10ヤード目までをトップスピードで走る。つまり10ヤード目をトップスピードで走り抜ける。」を、意味の統一と徹底を図った。


あたりです。

「頑張ります!」だけだと、精神論というか、解釈の仕方次第というか、人によってばらつきが出てしまうので、「頑張る」のではなく「きちんとする」ことにしたとか。
その「きちんとやる」も、言葉の定義と行動が共通化されて(標準化されて)、「やりきる」ことをクセをつける。

実は、この「やりきる」の箇所も、「周りと自分とで、適切な量を決めて、全力でやりきる」=「チームと個人の達成感」につながっているのではないかな、と思います。(この「決めて、終わらせる」クセをつけないと、ズルズルと先延ばしになるのですよね。私も日々反省しているところですが。)

ビジネスシーンでも、そうありたいものですね。

theme : ビジネス
genre : ビジネス

tag : ITコンサルタント ITコンサルティング

comment

Secret

プロフィール

BON

Author:BON
ITコンサルタント。困っている企業や個人事業主を、ITを通じてお助けするのが私の使命です。お仕事の依頼は、
http://www.narts.jp/

メールフォーム
このブログやお仕事に関するお問い合わせは、このメールフォームからも受け付けています。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気に入りに追加しませんか?
ほぼ毎日、中小企業向けのIT活用に役立つ新鮮なニュース、私が日々のITコンサルティングで感じるリアルな現場の声をお届けします。ブックマーク(お気に入り)に登録して読者になりませんか?
RSSフィード
ブログ内検索(Google)
人気記事
執筆・出演図書

会社で使う タブレット・スマートフォン2013 [ムック]
会社を伸ばすモバイル活用研究会
ニュートップリーダー 2013年3月号
応援クリックをお願いします
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
blogram投票ボタン

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
QRコード
携帯用ITコンサルタント日記
QR
リンク
gremz
リンク元情報
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。